東芝、インドの液晶テレビ市場で10%獲得を目指す | RBB TODAY

東芝、インドの液晶テレビ市場で10%獲得を目指す

 東芝は6日、インド市場向けに新興国専用モデル「Power TVシリーズ」と「55ZL800」など5シリーズ10モデルを12月下旬から順次投入すると発表した。

エンタープライズ 企業
Power TVシリーズ
  • Power TVシリーズ
  •  
 東芝は6日、インド市場向けに新興国専用モデル「Power TVシリーズ」と「55ZL800」など5シリーズ10モデルを12月下旬から順次投入すると発表した。

 同社の調べではインドの液晶テレビ市場規模は2009年度が150万台、2013年度が1,200万台と予測。これを受けて、2011年度末までに販売店舗を4,000店舗に拡大し、地方都市にも積極的に進出する。これにより2013年度にインド国内での液晶テレビ市場シェア10%を目指す。

 広告面でもクリケットのトップ選手であるサッチン・テンドゥルカール氏を引き続き広告キャラクターに起用し、インド国内の主要都市で販売キャンペーンを展開する。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top