パナソニック電工IS、クラウド型データ連携サービス「Bizfit Connects」発表 | RBB TODAY

パナソニック電工IS、クラウド型データ連携サービス「Bizfit Connects」発表

 パナソニック電工インフォメーションシステムズ(IS)は25日、クラウド型データ連携サービス「Bizfit Connects(ビズフィットコネクツ)」を発表した。2011年1月より提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
データ連携機能をクラウドサービス化した「Bizfit Connects」
  • データ連携機能をクラウドサービス化した「Bizfit Connects」
 パナソニック電工インフォメーションシステムズ(IS)は25日、クラウド型データ連携サービス「Bizfit Connects(ビズフィットコネクツ)」を発表した。2011年1月より提供を開始する。

 「Bizfit」は、パナソニック電工ISが提案する次世代のエンタープライズ向けアプリケーションプラットフォーム。従来、データ連携(オンプレミス同士、オンプレミスとクラウドなど)には、自社によるデータ連携システムの構築、または、データ連携ミドルウェア+アダプタを用いた連携が必要だった。「Bizfit Connects」では、データ連携機能をクラウドサービス化。データ量・更新頻度・処理数に応じた月額利用料を設定し、必要最小限のコストでの運用を可能とした。

 Salesforce、Google Appsといったクラウドサービス同士のデータ連携はもちろんのこと、利用頻度やデータ量などに応じてオンプレミスやホスティングサービスへの移行も可能。インフラ基盤は、長年の経験・ノウハウと先進的な技術をベースに展開する「Nextructure」を採用した。初期費用は連携内容に応じ個別見積、月額利用料はデータ量・更新頻度・処理数に応じ設定となる。2011年度末までに100社での採用を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top