ジュニパー、小中規模データセンター向けゲートウェイ「SRX 1400」国内提供開始 | RBB TODAY

ジュニパー、小中規模データセンター向けゲートウェイ「SRX 1400」国内提供開始

 ジュニパーネットワークスは24日、10Gbpsのファイアウォールスループットを実現した、小中規模データセンター向けサービス・ゲートウェイ「SRX 1400」の国内提供を開始した。

エンタープライズ ハードウェア
SRX1400前面
  • SRX1400前面
  • SRX1400斜上面
 ジュニパーネットワークスは24日、10Gbpsのファイアウォールスループットを実現した、小中規模データセンター向けサービス・ゲートウェイ「SRX 1400」の国内提供を開始した。

 「SRX 1400」は、、SRXシリーズの次世代セキュリティ・プラットフォームを拡張する製品。拡張可能な構造で、互換性のある「SRX 3000」のラインカードを搭載することが可能となっており、価格を最小限に抑えながらも、10GEの接続性およびポート密度を実現した。SRX1400には2種類の基本構成が用意され、組み込みの高密度1GbEポートか、または組み込みの10GbEポートと1GbEポートの組み合わせを選択することが可能。ネットワークインターフェイスとしては、1GbEポート(組み込み:9または12、IOC:16)、10GbEポート(組み込み:0または3、IOC:2)、シャーシHA制御ポート:2×共有1GbE、拡張スロット:1×シングル幅SRX3000 IOC、電源:ACまたはDC2(標準×1、オプション冗長電源×1、ホットスワップ対応)を備える。

 企業およびサービスプロバイダの小中規模データセンターへの需要に対して、大幅にネットワークを拡張させることなく、大規模データセンター向けのキャリアクラス性能を提供することが可能だ。また、高性能なスクリプト処理により、LTEのような複雑な構成の設定が必要な際の時間と労力を減らし、TCO(総所有コスト)を削減できる見込みだ。

 「SRXシリーズ」は、単一OSである「Junos OS」をベースに、企業やサービスプロバイダのネットワークに不可欠な接続、セキュリティ、管理の各機能を統合し搭載したサービス・ゲートウェイ。同シリーズは、ジュニパーネットワークス独自の「ダイナミック・サービス・アーキテクチャ」を採用し、圧倒的な性能と拡張性を備えつつ、堅牢なセキュリティも実現したとのこと。これまでジュニパーネットワークスは「SRXシリーズ」製品として、拠点・支店向け下位機種と、大規模データセンター向け上位機種を提供していたが、「SRX 1400」の投入により、国内のあらゆる規模の需要に対応できるようになる。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top