【OLデジモノ日記(Vol.12)】編集部で「AR.Drone」を飛ばしてみた! | RBB TODAY

【OLデジモノ日記(Vol.12)】編集部で「AR.Drone」を飛ばしてみた!

 すでにYouTubeでも話題になっている「AR.Drone」。今回は日本の代理店にお願いして製品をお借りし、実際に飛ばしてみることにしました。

IT・デジタル その他
AR.Drone
  • AR.Drone
  •  
 すでにYouTubeでも話題になっている「AR.Drone」。9月16日から日本でも販売開始となった製品ですが、価格は43,800円。4基のプロペラを搭載したラジコンヘリの姿だけでもインパクトありですが、それをiPhoneやiPod touchで操縦できるという機能が興味をそそります。今回は日本の代理店にお願いして製品をお借りし、実際に飛ばしてみることにしました。

 驚かされたのが非常に軽い機体です。おそらく発砲スチロールで、女子の私でも片手で楽々運ぶことができます。iPod touchとはWiFiで通信を行うのですが、その設定は簡単。App Storeからアプリケーションをダウンロードし、Ar.Droneの製造番号を認識・設定するだけ。Ar.Droneにはカメラが搭載されているため、カメラから見た映像がiPod touchに送信されるのも面白いです。「AR」の名の通り、海外ではiPodに表示される光線で仮想対戦ができる様子も公開されてますが、今回の製品にはまだ実装されてません。ほんとは、バリバリ対戦したいんですが。


 操縦はiPod touchに表示されるボタンで行います。右下のボタンを左や右に向けて機体を旋回させたり、上昇下降、ホバリングなども。ただ、はじめて触るときは、この操作を慎重に行わないと、勢いよく機体が動いてしまうので注意が必要です。編集部内で飛ばしたときは、自分が操縦するAr.Droneが勢いよくこっちに向かってきて怖かったです。ちなみに必死な姿を社長に発見されてしまい「お前はマニアックなものが好きだからな~」と言われちゃいましたが、そんなことないんですよ(泣)。今年のクリスマスプレゼントなんかに最適な商品だと思います!ちなみに、室外ではちょっと風が強く、機体が流されてしまいました。無風時に飛ばすことをおすすめします。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top