角川グループ、電子書籍事業に本格参入……プラットフォーム「Book☆Walker」を立ち上げ | RBB TODAY

角川グループ、電子書籍事業に本格参入……プラットフォーム「Book☆Walker」を立ち上げ

エンタープライズ 企業

「角川グループホールディングス」サイト(画像)
  • 「角川グループホールディングス」サイト(画像)
  • 「角川コンテンツゲート」サイト(画像)
 角川グループホールディングスおよび、傘下の配信事業会社である角川コンテンツゲートは26日、電子書籍を中心とするデジタルコンテンツを提供販売するための直営プラットフォーム「Book☆Walker」の立ち上げを発表した。

 2011年4月にプラットフォームサービスを開始、2011年7月にグランドオープンする。これに先駆け、2010年12月よりiPad/iPhone向けアプリの提供を開始する。12月のリリース時には、ライトノベル、コミック、文芸ジャンルのなかから特に人気の作品を中心に、オープン当月は約100作品、その後、毎週20作品前後を追加する予定。またグランドオープンに向けたさまざまな実験的な試みを実施していく。

 2011年4月の「Book☆Walker」サービス開始時には、Android OSを含むスマートフォン、タブレット端末、PCに順次対応。文芸書、ライトノベル、コミック、新書、実用書、雑誌等を作品ジャンルごとにストア展開し、それぞれのストアで付加価値・サービスを提供する。オープン当初は約1000作品を予定。ここでも7月のグランドオープンに向けたさまざまな実験的試みを実施していく。

 「Book☆Walker」では、既存の電子書籍プラットフォームサービスとは異なり、電子書籍を軸に、関連するアニメや映画の映像、グッズ等の通信販売までをシームレスに提供するシステムを構築する予定。さらに、電子書籍事業への新しい試みとして、新刊書籍の紙とデジタルの同時発売、読者同士が作品の感想等を共有するためのソーシャルメディアとの連動などを採り入れる。

 コンテンツ提供を予定している角川グループ会社は、角川書店/角川学芸出版/アスキー・メディアワークス/魔法のiらんど/富士見書房/エンターブレイン/中経出版/新人物往来社/角川映画など。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top