KDDI、サムスン電子製のAndroid2.2搭載7型タブレット「SMT-i9100」を発売 | RBB TODAY

KDDI、サムスン電子製のAndroid2.2搭載7型タブレット「SMT-i9100」を発売

IT・デジタル モバイル

Android2.2搭載7型タブレット「SMT-i9100」(画面は開発中のもの)
  • Android2.2搭載7型タブレット「SMT-i9100」(画面は開発中のもの)
  • クレードルと一体化したイメージ
 KDDIと沖縄セルラーは18日、サムスン電子製のAndroid2.2搭載7型タブレット「SMT-i9100」の発売を発表。発売は2011年2月下旬以降の予定となっている。現段階での価格は未定。

 同製品は、Android2.2(Froyo)をOSに搭載した7型タブレット端末。Android2.2搭載により、PC同様にFlash対応コンテンツを楽しめるようになるとしている。液晶ディスプレイは1,024×600ピクセルで、静電式マルチタッチに対応し、容易な操作が行なえるという。

 IEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fi機能を搭載。屋外では公衆無線LANサービスに加え、KDDIと沖縄セルラーが2010年12月上旬以降に発売するモバイルルーター「Wi-Fi WALKER DATA05」、2010年12月中旬以降に発売するイデアクロス提供のモバイル無線LANターミナル「Nex-fi」などを利用することにより、auの「CDMA 1X WIN」エリアでも利用可能とした。

 内蔵メモリは4GB、RAMは512MB、外部対応メディアはmicroSD/SDHCカード(2~32GB)。カメラは200万画素CMOSで、Bluetooth Ver2.1+EDRに準拠。インターフェースはmicroUSB2.0を搭載する。スピーカーは1W×2。本体サイズは幅199×高さ129.5×奥行き13.9mm、重さは約450g。暫定の連続使用時間は約2時間、充電時間は約6時間。本体とデザインを統一した大型のクレードルが付属する。
《小口》

関連ニュース

特集

page top