空中操作が可能でレーザーポインター機能付きのプレゼン用ワイヤレスマウス | RBB TODAY

空中操作が可能でレーザーポインター機能付きのプレゼン用ワイヤレスマウス

IT・デジタル 周辺機器

グリーンレーザープレゼンテーションマウスの利用イメージ
  • グリーンレーザープレゼンテーションマウスの利用イメージ
  • 操作イメージの詳細
  • 「MA-WPR3」の本体とUSBレシーバー
  • 本体とレシーバーを一緒に持ち運べる付属のポーチ
  • 操作ボタン
  • 操作ボタン
 サンワサプライは、グリーンレーザーポインター機能が付き、約30m離れた場所から空中でのマウス操作が可能なグリーンレーザープレゼンテーションマウス「MA-WPR3」を発売した。価格は41,790円。

 同製品は、2.4GHz帯で半径約30m以内でのワイヤレス操作が可能なマウス。USBフラッシュメモリのような形状で持ちやすく、親指で「右クリック/左クリック/マウス操作」のボタンを押すことにより、机上等ですべらせることなく、空中で持ったままマウス操作を行なえる。

 マウスとして利用する「マウスモード」に加え、Microsoft PowerPointやWindows Media Playerなどのソフトでの操作が可能な「プレゼンモード」を用意し、「モード切替」ボタンで簡単に選択できる。PowerPointでは、「スライドショー開始・終了」ボタンや、プレゼンモード時の「進む/戻る」ボタンと連動した操作に対応する。

 さらに、赤色光よりも見やすい緑色光レーザーポインターを搭載。グリーンレーザービームの到達距離は夜間使用時で約200m。照射中は、手元の通電表示ランプが点灯するため、暗い場所でも照射しているかどうか一目でわかるという。

 対応OSはWindows 7/Vista/XP/2000、Mac OS X 10.6以降、バッテリは単4形乾電池×2。本体サイズは幅35.7×高さ16.8×奥行き112.7mm、重さは55g。レシーバーのインターフェースはUSB1.1(2.0でも使用可能)、サイズは幅16×高さ7.8×奥行き48mm、重さは5g。本体とレシーバーを一緒に持ち運べるポーチを付属する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top