【CEATEC JAPAN 2010 Vol.35】ソニー、迫力の21.7m×4.8mの超巨大3Dディスプレイ | RBB TODAY

【CEATEC JAPAN 2010 Vol.35】ソニー、迫力の21.7m×4.8mの超巨大3Dディスプレイ

IT・デジタル テレビ

巨大な3D LEDディスプレイが設置されているソニーブースのメインステージ
  • 巨大な3D LEDディスプレイが設置されているソニーブースのメインステージ
  • ステージ上にはレールドリーに乗った3Dカメラも設置され、ダイナミックな3Dライブ映像を迫力の大画面で楽しむことができる
  • ステージは単なる製品紹介に終始せず、3Dを活かした楽しめる内容に構成されており楽しめる
  • 3D対応VAIOに向けた技術参考展示。フルHD液晶による高精細な3D画像が体感できる
  • 11月3日発売予定の「GT5」を3Dブラビアで楽しめる体験コーナーも設置されている
  • 11月20日発売予定のビデオプロジェクタ「VPL-VW90ES」。1系統の光学エンジンによるフルハイビジョン3D映像投射は業界初
 ソニーのブースの見所は、メインステージに設置されている幅21.7m×高さ4.8mの巨大な3D LEDディスプレイだ。メインステージそのものが、同社の技術展示も兼ねているというユニークな試みだ。

 ステージ上にはレールドリーに乗った3Dカメラも設置されており、ダイナミックなライブ映像を巨大ディスプレイで楽しむことができるなど、単なる製品紹介に終始することなく楽しめる内容となっている。

 ブース内には、来春発売とも言われている3D対応のVAIOに向けた技術展示として、VAIOのフルHD液晶による高精細な3D表示の実演デモが行われているほか、11月3日発売予定の「グランツーリスモ5」を3Dブラビアで楽しめる体験コーナーなども用意されている。いずれも未発売の製品を一足早く体感できる。

 また、11月20日に発売を予定しているフルハイビジョン3D映像が投射可能なビデオプロジェクタ「VPL-VW90ES」も実機が展示されている。
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top