シャープとCCC、「ガラパゴス」向けにコンテンツストア「TSUTAYA GALAPAGOS」を共同開設 | RBB TODAY

シャープとCCC、「ガラパゴス」向けにコンテンツストア「TSUTAYA GALAPAGOS」を共同開設

エンタープライズ モバイルBIZ

“GALAPAGOS”(左から 5.5型モバイルタイプ、10.8型ホームタイプ)
  • “GALAPAGOS”(左から 5.5型モバイルタイプ、10.8型ホームタイプ)
  • 10.8型ホームモデル紹介ページ(画像)
  • 「ガラパゴス」特設サイト(画像)
 シャープとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は5日、メディアタブレット「GALAPAGOS(ガラパゴス)」向けとなるエンターテイメントコンテンツストア「TSUTAYA GALAPAGOS(ツタヤ ガラパゴス)」を12月に共同開設することを発表した。

 両社は、合弁会社設立を含むコンテンツサービス事業の業務提携に関して、基本合意書を締結した。「TSUTAYA GALAPAGOS」では、新聞や雑誌などの電子書籍コンテンツ約30,000冊に加え、映像や音楽などのエンターテイメント系コンテンツを配信する。さらに、「GALAPAGOS」端末機器およびサービスプラットフォームを活用することで、読書の途中に関連した動画をストアから探して閲覧できるなど、新しいマルチエンターテイメントサービスの提供も検討している。

 また、本ストアにおける会員管理の仕組みとして、CCCが管理・運営する「Tポイントサービス」および「TログインID」を導入し、マーケティングサービスの提供を予定しているとのこと。

 今後、両社は合弁会社の運営による第1弾の電子ブックストアサービス(本年12月予定)をスタートし、次いで来春を目処に映画や音楽などのエンターテイメントコンテンツを拡充したサービス提供に向けて準備を進めていく予定。合弁会社の出資比率はシャープ:49%、CCC:51%。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top