富士通、パブリック型クラウドの商用サービスを提供開始 | RBB TODAY

富士通、パブリック型クラウドの商用サービスを提供開始

 富士通は27日、サーバなどのICTインフラをネットワーク経由でオンデマンドで利用できるクラウドサービス(IaaS:Infrastructure as a Service)「オンデマンド仮想システムサービス」を発表した。10月1日より提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
ICTシステムを簡単なマウス操作で構築できる
  • ICTシステムを簡単なマウス操作で構築できる
  • 利用者から見た3つの特長
 富士通は27日、サーバなどのICTインフラをネットワーク経由でオンデマンドで利用できるクラウドサービス(IaaS:Infrastructure as a Service)「オンデマンド仮想システムサービス」を発表した。10月1日より提供を開始する。

 IaaS「オンデマンド仮想システムサービス」は、同社データセンターからネットワーク経由で、ICTインフラを一括して仮想的に提供するもの。利用用途に合わせ、従量課金制で利用できるパブリック型のクラウドサービスとなっている。富士通ではこのサービスを、2010年5月末より9月末まで、200社にトライアルで提供。要望が高かった仮想ICTシステムの構成テンプレートの拡充やネットワーク接続機能、ユーザー・コミュニティー機能などを新たに追加し、商用サービスとしての提供を開始するものだ。

 仮想ICTシステムの構成テンプレートを新たに10種類提供。またマルチキャリア通信サービス網「FENICS」と連携させることで、閉域通信サービスも利用できる。これまでのメールサポートに加え、24時間の電話サポートも提供する(有償)。また、IaaSのシステム構築画面上において「よくある質問」へのアドバイスを共有するユーザー・コミュニティー機能を新たに提供する。さらに、アプリケーションの実行環境として必要となる富士通製ミドルウェア「Interstage」「Systemwalker」「Symfoware」の約50種類の製品群をダウンロードできるサイトもあわせて提供する。

 利用料金は仮想サーバ1台あたり1時間25円から。また商用開始にあたって、富士通トラステッド・クラウド・スクエア(東京:浜松町)において、半日コースでの検証トライアルサービス(無償)を利用できる。今後は1年間で1,000社への採用を目指すとともに順次、オーストラリア、シンガポール、米国、英国、欧州大陸へと展開する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top