シャープ、米大手太陽光発電開発事業者のリカレントを買収 | RBB TODAY

シャープ、米大手太陽光発電開発事業者のリカレントを買収

エンタープライズ 企業
リカレント買収を伝えるプレスリリース
  • リカレント買収を伝えるプレスリリース
  • リカレント・エナジー(Recurrent Energy)
 シャープは22日、米国の大手ソーラーディベロッパー、リカレント・エナジー(Recurrent Energy)(以下、リカレント)を買収・完全子会社化すると発表した。両社は合意に達しており、買収手続きは年内に完了する見込み。

 米リカレントは、太陽光発電プラントの開発・販売までを行う、太陽光発電プラントの開発事業者。アメリカやカナダなどを中心に約2GWのプラント開発案件を保有し、欧州などでも事業を展開している。

 シャープは今回の買収に関して次のようにコメントしている。「当社がディベロッパー機能を持つことは、当社ソーラー事業の更なる拡大に重要です。リカレント社の発電事業開発ノウハウを生かし、セル・モジュールの開発・生産から、プラント開発・販売までを展開し、ソーラー・トータルソリューション・カンパニーを目指してまいります」。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top