Twitterのつぶやきを口コミ分析、「食べるラー油」はどのように広まったか? | RBB TODAY

Twitterのつぶやきを口コミ分析、「食べるラー油」はどのように広まったか?

ブロードバンド その他
ツイート数の時系列推移(件数はツイッター全体の20分の1)
  • ツイート数の時系列推移(件数はツイッター全体の20分の1)
  • ツイートの種類別構成比の時系列推移
  • つぶやきを発信したユーザー間の返信・転送関係と、引用されたWebサイトをネットワークで表した図
 NECビッグローブと日経リサーチは8日、ツイッター上での桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」の口コミ分析の結果を発表した。同分析は、NECビッグローブの「ツイッターデータ分析サービス基盤」のデータを元に、日経リサーチが分析を行ったもの。

 今回の分析では、「辛そうで辛くない少し辛いラー油」に関するつぶやきを、誰かに返信したつぶやき(reply)、誰かのつぶやきを転送したつぶやき(retweet)、それ以外のつぶやき(simple tweet)の3種類に分類した。

 それによると、テレビの情報番組でラー油の特集が組まれた3月22日~28日の週に、つぶやき件数が最大を記録。その1ヵ月前の2月8日の週に、replyとretweetの割合が前週の36%から57%へ増加しており、つぶやき件数が最大に達する以前から、ラー油に関するつぶやきへの関心が高まっていたことが推測されるとしている。

 またつぶやき上のURLを通して伝えられるWebサイトの種類としては、Twitpicなどの画像共有サイトが最も多かった。これは商品やご飯にかけた場面等を写真に撮って、それをつぶやくことが多いためだという。その他のWebサイトとしては、製品メーカーサイトや製品を紹介するニュース記事、ソーシャルゲームのねた(ツイッター診断メーカーでの診断結果)などの引用が見られた。

 両社は、ツイッター上でreply、retweetなどのコミュニケーションを通して反響が広がる際、多くのWebサイトが情報の伝播に介在していたことがみてとれるとしている。また発信される情報自体が分析対象であったブログの分析とは異なり、ツイッター分析ではユーザー間のコミュニケーションや参照情報がより注目すべき分析対象となるとコメントしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top