パナソニック、フルHDでBD1枚に108時間録画が可能な「ブルーレイディーガ」 | RBB TODAY

パナソニック、フルHDでBD1枚に108時間録画が可能な「ブルーレイディーガ」

IT・デジタル レコーダー

3D対応デジタルダブルチューナー搭載「DMR-BWT3100」(2TB)
  • 3D対応デジタルダブルチューナー搭載「DMR-BWT3100」(2TB)
  • 「DMR-BWT3100」の背面
  • 3D対応デジタルダブルチューナー搭載「DMR-BWT2100」(1TB)
  • 3D対応デジタルダブルチューナー搭載「DMR-BWT1100」(500GB)
  • 3D非対応デジタルダブルチューナー搭載「DMR-BW890」(1TB)
  • 3D非対応デジタルダブルチューナー搭載「DMR-BW690」(500GB)
  • 3D非対応デジタルシングルチューナー搭載「DMR-BR590」(500GB)
  • シンプルリモコンを使った「かんたんサポート機能」のイメージ
 パナソニックは24日、MPEG-4 AVC/H.264エンコーダーを搭載し、2番組同時の「フルハイビジョンW 12.5倍録画」を可能としたHDD内蔵Blu-rayディスクレコーダー「ブルーレイディーガ(DIGA)」の6製品を発表。9月15日から発売する。価格はオープン。

 ラインアップと予想実売価格は次のとおり。3Dに対応し、HDDが2TBの「DMR-BWT3100」は280,000円前後、同1TBの「DMR-BWT2100」は160,000円前後、同500GBの「DMR-BWT1100」は120,000円前後。3D非対応でHDDが1TBの「DMR-BW890」は150,000円前後、同500GBの「DMR-BW690」は110,000円前後。これら5製品はデジタル3波のダブルチューナーと、第5世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「新アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載し、高画質化を図った。

 残りの1製品、500GB HDD/デジタル3波のシングルチューナーを搭載する「DMR-BR590」は90,000円前後。こちらは第4世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「アドバンスドAVCエンコーダー」を採用し、上位5製品と差別化を図っている。

 全製品ともに、大容量・新規格の「BDXL」に対応したBlu-rayディスクドライブを搭載。追記型3層式(100GB)のBD-Rディスクや今後発売が見込まれる4層式(128GB)のBD-Rディスク、書き換え可能な3層式(100GB)のBD-REディスクにも対応する。これにより、地上デジタル放送(約17Mbps)を最高画質(DRモード)で録画しても3層式(100GB)のBlu-rayディスクに約12時間記録できる。

 上位5製品は、上記の「新アドバンスドAVCエンコーダー」の効果により、3層式で100GBのBlu-rayディスクにHBモード(約1.9Mbps)で録画した際、フルHD画質での録画時間が108時間。これは8月24日現在、デジタルチューナー搭載Blu-rayディスクレコーダーとして世界最長をうたう。また、2番組同時に長時間録画中でもBlu-rayディスクの再生をはじめ、Blu-rayディスクへの高速ダビングや再エンコードダビングが可能となっている。

 さらに上位5製品は「トゥルーカラーエンジン」の採用で、高画質再生が可能。「新アドバンスドAVCエンコーダー」で圧縮処理の精度を高めたことにより、長時間録画モードでもノイズを抑えたクリアな映像とし、アニメ素材に最適な画質を追求した「アニメモード」でもノイズを低減して画質を向上している。

 3D対応のDMR-BWT3100/DMR-BWT2100/DMR-BWT1100は、Blu-ray 3Dディスクの再生はもちろん、同社製3D対応ムービーで撮影した3D映像の再生/保存にも対応。3D対応ムービーで撮影した3D映像を簡単にディスクに保存できる。さらに最上位のDMR-BWT3100はプレミアムモデルとして、質感豊かな映像を再現する「ディテール・クラリティ・プロセッサfor BD」が進化しており、ハイビジョン放送の1080/24P出力にも対応した。

 全製品で、レコーダー入門者でも安心して使える「かんたんサポート機能」を搭載。基本操作(録る・見る・残す)に絞ってボタン数を最小限にしたシンプルリモコン(「DMR-BR590」には同梱、そのほか5製品は別売)を使えば、簡単サポート画面での操作が可能。予約録画の際には、曜日や時間、チャンネルなどひとつひとつ確認しながらわかりやすく操作できるという。

 6製品共通のおもな仕様として、映像圧縮方式はMPEG-2(Hybrid VBR)、MPEG-4 AVC/H.264。インターフェースはHDMI/S映像/2chアナログ音声/光デジタル音声/D1~D4/I.LINK/USB/LAN/SDメモリーカードスロットなど(端子数などは製品により異なる)。

 DMR-BWT3100は、突起部を除く本体サイズが幅430×高さ68×奥行き239mm、重さが約4.2kg。そのほか5製品の突起部を除く本体サイズは幅430×高さ59×奥行き199mm。重さは、DMR-BWT2100が約3.1kg、DMR-BWT1100が約2.9kg、DMR-BW890が約3.1kg、DMR-BW690が約2.8kg、DMR-BR590が約2.8kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top