“ショッピングツールとして活用されるiPad”、EC体験率は所有者の44% ~ ビルコム調べ | RBB TODAY

“ショッピングツールとして活用されるiPad”、EC体験率は所有者の44% ~ ビルコム調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

継続的に使っているiPadアプリまたは機能
  • 継続的に使っているiPadアプリまたは機能
  • iPadアプリを通じて購買に関連した行動(資料請求、メルマガ登録、会員登録、問い合わせ)をとったことはありますか
  • iPadアプリを通じて、有料の商品を購入または予約したことはありますか
  • iPadアプリを通じて、有料の商品を購入または予約した理由は何ですか
  • iPadを利用しはじめて、削った時間は何ですか
 ビルコムは18日、「iPad利用実態」に関する調査結果を公表した。8月9日~10日の期間に、iPad所有者412名を対象として行ったもの。

 それによると、「iPadアプリを通じて、有料の商品を購入または予約したことはありますか」という質問で「ある」と答えたのは44.4%だった。また「iPadアプリを通じて、有料の商品を購入または予約したいと思いますか」という質問で「非常にそう思う」と答えたのは13.8%、「そう思う」と答えたのは46.8%で、計60.6%に上った。

 iPadを利用して商品を購入した理由については、「iPadの操作性がいいから」と答えた人は54.1%、「iPadアプリの画面サイズで、商品が細部までしっかりと見えるから」と答えた人は41.0%、「iPadの画像が美しく、商品がキレイに見えるから」と答えた人は40.4%だった。

 「iPadの無料アプリと有料アプリのダウンロード比率はどちらが多いですか」という質問で、「無料アプリの方が多い」と答えたのは46.6%、「無料アプリしかダウンロードしていない」と答えたのは17.0%。有料アプリ購入の際にかける金額については、「500円以下」のエリアで約70%となり、「1000円以上」お金をかける人は全体の6%に満たなかった。継続的に使用しているアプリは、ゲームアプリが50.7% 文庫本アプリが47.6% ニュースアプリが36.4%、Twitterアプリが27.4%となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top