マイクロソフト、ワイヤレスマウスの新色と改良版を計4製品 | RBB TODAY

マイクロソフト、ワイヤレスマウスの新色と改良版を計4製品

IT・デジタル 周辺機器

「Wireless Mobile Mouse 3500」の新色「アーバン レッド」
  • 「Wireless Mobile Mouse 3500」の新色「アーバン レッド」
  • 新色「オーシャン ブルー」
  • 新色「ミスティック パープル」
  • 「Wireless Mobile Mouse 3500」の既存色「ユーロシルバー」
  • 既存色「オリエンタルピンク」
  • 「Wireless Mobile Mouse 3000」の機能改良版
 マイクロソフトは2日、ワイヤレスマウスの新製品として、「Wireless Mobile Mouse 3500(ワイヤレス モバイル マウス 3500)の新色と、「Wireless Mobile Mouse 3000(ワイヤレス モバイル マウス 3000)のナノトランシーバー採用モデルを発表。8月20日から発売する。

 Wireless Mobile Mouse 3500の新色は「アーバン レッド」/「オーシャン ブルー」/「ミスティック パープル」の3色で、価格は2,940円。Wireless Mobile Mouse 3000の価格は2,499円。

 Wireless Mobile Mouse 3500は、4月発売のワイヤレスマウス。当初はユーロシルバー/オリエンタルピンクの2色を用意していたが、今回の新色を加えて5色のラインアップとなる。

 従来からの特長として、青色LEDで読み取るトラッキング方式によってさまざまな素材の表面で安定した操作を可能にするBlueTrackテクノロジーを採用。スクロールホイールを備えた3つボタンマウスで、トランシーバーは超小型タイプのナノトランシーバーとなる。

 スキャン速度は8,000fps、解像度は1,000dpi。バッテリは単3形乾電池で、電池寿命は約8ヵ月。本体サイズは幅55×高さ38×奥行き93mm、重さは約92g(バッテリ/トランシーバー含む)。

 Wireless Mobile Mouse 3000は、2008年11月発売のワイヤレスマウス。新製品では従来品のデザインを継承しつつ、トランシーバーは超小型タイプのナノトランシーバーを新たに採用。機能改良版の光学式3ボタンワイヤレスモバイルマウスとした。

 スキャン速度は3,000fps、解像度は1,000dpi。バッテリは単3形乾電池で、電池寿命は約10ヵ月。本体サイズは幅55×高さ39×奥行き95mm、重さは約88g(バッテリ/トランシーバー含む)。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top