日本HP、法人向けの21.5型フルHD液晶のオールインワンPC | RBB TODAY

日本HP、法人向けの21.5型フルHD液晶のオールインワンPC

 日本HPは22日、同社初となる法人向けの液晶一体型PC「HP Compaq 6000 Pro All-in-One Desktop PC」を発表。同日から直販サイトで発売を開始した。カスタマイズに対応し、価格は79800円~。

IT・デジタル デスクトップPC
「HP Compaq 6000 Pro All-in-One Desktop PC」
  • 「HP Compaq 6000 Pro All-in-One Desktop PC」
  • 21.5V型フルHD画面でドキュメントを有効活用
  • 奥行き約22cmと省スペース
  • アクセスしやすい背面の構造
  • キーボードを収容可能
 日本HPは22日、同社初となる法人向けの液晶一体型PC「HP Compaq 6000 Pro All-in-One Desktop PC」を発表。同日から直販サイトで発売を開始した。カスタマイズに対応し、価格は79,800円~。

 同製品は、21.5V型フルHD(1,920×1,080ピクセル)のノングレア(非光沢)パネルを搭載した液晶一体型PC。同社の東京・昭島工場における国内生産とし、フルカスタマイズに対応する。

 CPUはCeleron E3300(2.5GHz)/Core 2 Duo E7500(2.93GHz)/Core 2 Duo E8400(3 GHz)/Core 2 Duo E8500(3.16 GHz)、OSはWindows 7 Home Premium/Professional(XP Professional SP 3適用済み含む)、メモリは2GB/4GB(最大8GBまで)、HDDは250GB/500GB(7,200回転)から選択可能。そのほか、無線LANは非搭載パターンとIEEE802.11b/g/nから選ぶことができ、webカメラやOfficeなども搭載・非搭載を随時選択可能で、用途と予算に応じたカスタマイズが行なえる。右側面に配置された光学ドライブはDVDスーパーマルチ固定。

 本体サイズは幅545.5×高さ428.56×奥行き220.09mmと薄型の省スペースを実現(重さは8.25kg)。360度のスイーベル(回転)機能を備え、側面のドライブなどへのアクセスを容易にした。また、本体背面のパネルを手軽に外すことが可能で、HDDやメモリの交換が簡単に行なえるとしている。

 デスクトップビデオ会議用ソフトの「HP SkyRoomソフトウェア」を、法人向けデスクトップPCで初めて搭載。Webカメラを搭載した場合、別売りのマイクセットと併用することで遠隔地とのビデオ会議が可能となる。インターフェースは6in1メディアスロット/USB2.0×7/PS/2互換 Mini DIN 6ピン×2/DisplayPort/ヘッドホン/マイクなど。2W×2のスピーカーを内蔵し、USBキーボード/USBマウスが付属する。
《小口》

関連ニュース

特集

page top