NEC、ケータイで通話しながら動画・写真を共有するサービス発表 ~ PCやゲーム機にも対応、10月にも商品化 | RBB TODAY

NEC、ケータイで通話しながら動画・写真を共有するサービス発表 ~ PCやゲーム機にも対応、10月にも商品化

 日本電気(NEC)は9日、携帯電話で通話中の相手と写真や動画などを手軽に共有できる「コンテンツシェアサービス」を実現するネットワーク基盤ソフトウェア「NC7000-RX」を10月をめどに製品化すると発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
GSMAサイトに掲載されているRCS(Rich Communication Suite)のイメージ
  • GSMAサイトに掲載されているRCS(Rich Communication Suite)のイメージ
  • コンテンツシェアサービスのイメージ
  • 「GSM Association」サイト(画像)
 日本電気(NEC)は9日、携帯電話で通話中の相手と写真や動画などを手軽に共有できる「コンテンツシェアサービス」を実現するネットワーク基盤ソフトウェア「NC7000-RX」を10月をめどに製品化すると発表した。

 「コンテンツシェアサービス」は、携帯電話の業界団体であるGSMA(Global System for Mobile Communications Association)において標準化が進められている技術「RCS(Rich Communication Suite)」に基づくもの。通話中の相手とさまざまなコンテンツを手軽に共有できるため、新たなコミュニケーションサービスを実現する技術として注目されている。

 NECが製品化する「NC7000- RX」は、RCSに準拠した写真や動画の共有だけでなく、写真への線や図形の書き込みや、拡大・縮小といった操作の結果も共有することが可能とのこと。また、パソコンや家庭用ゲーム機など、携帯電話以外の機器とも写真などを共有できる。

 NECでは、NC7000-RXで実現した操作結果の共有機能についても、GSMAで検討中の最新技術「RCSリリース4」での採用に向けて提案を行っているという。なお、NECが試作したコンテンツシェアアプリケーションの技術は、7月14日~16日に東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレス・ジャパン2010」のドコモブース内のLTE関連展示で利用される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top