KDDIアメリカ、Android 2.1搭載スマートフォン「HTC Hero」発売 | RBB TODAY

KDDIアメリカ、Android 2.1搭載スマートフォン「HTC Hero」発売

IT・デジタル モバイル

HTC Hero
  • HTC Hero
  • HTC Hero
  • 「HTC Hero」の外観
 KDDIアメリカは、米国内の日系市場向けの携帯電話サービスを展開する「KDDI Mobile」から、Android 2.1搭載スマートフォン「HTC Hero」を今月中に発売すると発表した。発売日、販売価格は近日発表される予定。

 「HTC Hero」は、ユーザーインターフェースに「HTC Sense」を採用。Google MapsやGmailなどの各種Googleサービスに対応。3.2インチ(320×480)のマルチタッチ対応ディスプレイ、500万画素のカメラ機能を搭載し、Adobe Flash Lite 3.1に対応している。サイズは高さ113.5mm×幅56.5mm×厚さ13.8mm。通信業界イベント「Mobile World Congress」にて、2010年モバイルハンドセット・デバイス賞を受賞している。

 同端末は現時点で日本での発売は予定されていないが、現地在住の日系人による利用を想定しており、日本語入力ソフト「Simeji」の標準搭載や、日本語サポートに対応するなどしている。

 KDDI Mobileユーザーで、現在利用している携帯電話の契約期間が満了していない場合でも、KDDI Mobileとの契約を1年、もしくは2年更新することで、新しい契約期間に応じた価格で購入できるという。

 「HTC Hero」は、昨年6月にAdobe Flash Platformテクノロジーをサポートする初のAndroid携帯端末として発表された。発表当時アドビ システムズ社は「新しいHTC HeroはFlashを搭載した初めてのAndroid携帯端末であり、AndroidとFlash Platformにとって重要な節目となるものです。現在オンラインで提供されているビデオの80%近くにAdobe Flashテクノロジーが使用されているなか、ユーザーは移動中であっても表現力豊かなWebコンテンツへのアクセスを望んでいます。HTCとのコラボレーションにより、Flashによる表現力豊かなWebブラウズ体験の提供が可能となり、携帯端末に搭載したFlash Player 10による完全なWebブラウズを将来的に実現するための重要なステップとなります」とコメントしていた。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top