東芝とインテル、教育用の10.1型タブレットPCを共同で商品化 | RBB TODAY

東芝とインテル、教育用の10.1型タブレットPCを共同で商品化

IT・デジタル ノートPC

教育用タブレットPC「CM1」
  • 教育用タブレットPC「CM1」
  • 教育用タブレットPC「CM1」
  • 教育用タブレットPC「CM1」
  • 利用イメージ
 東芝とインテルは1日、教育用途の10.1型タブレットPC「CM1」を共同で商品化したことを発表。8月上旬から教育機関向けに発売する。価格はオープン。

 同製品は、教育現場での学習に適した液晶が180度回転するコンバーチブルタイプの教育用タブレットPC。ノートPC事業のノウハウを持つ東芝と、ワールドワイドでICT(Information and Communication Technology)教育を推進してきたインテルによって共同開発された。

 1,366×768ピクセルのタッチパネルを搭載し、持ち運び用に本体にハンドルを装備。筐体は堅牢性に配慮し、ラバーで覆って滑りにくい加工とした。外部出力で電子黒板やプロジェクターなどとの連動も行なうことができる。

 CPUはAtom N450(1.66GHz)、OSはWindows 7 Professional 32ビット版、HDDは160GB、メモリは2GB。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n、有線LANは100BASE-TX/10BASE-T。インターフェースはUSB×2/ミニD-sub15ピン/マイクなど。そのほか、回転式webカメラを装備した。本体サイズは幅268×高さ35.6~57×奥行き216mm、重さは約1.8kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top