NECネッツエスアイ、iPadからWindows環境を利用できる「持ち出しマイデスクfor iPhone&iPad」提供開始 | RBB TODAY

NECネッツエスアイ、iPadからWindows環境を利用できる「持ち出しマイデスクfor iPhone&iPad」提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

利用イメージ
  • 利用イメージ
  • 価格
 NECネッツエスアイは30日、自席のWindowsパソコンのデスクトップ環境を「iPhone」「iPad」に画面転送するリモートアクセスソリューション「持ち出しマイデスクfor iPhone&iPad」の提供を開始した。同様の形態での提供は国内初とのこと。

 「持ち出しマイデスクfor iPhone&iPad」は、自席PCと同じ画面、同じ操作での業務が可能。企業向けリモートデスクトップとして初のiPhone/iPad用アプリケーションである「DesktopDirect - My Desktops」を活用し、SSL通信によりアクセス回線の高セキュリティを確保した。同社では、EmpoweredOffice(エンパワードオフィス)を通した提案を行っており、今回のソリューションは、モバイル環境顧客向けのラインアップとなる。なお、本ソリューションの提供に合わせ、NECネッツエスアイでは、ソフトバンクテレコムと、モバイルソリューションの法人向け販売について協業契約を締結した。

 また「持ち出しマイデスクfor iPhone & iPad」では、インターネットと社内ネットワークの境界部にArray Networks社のSSL VPN装置「Array SPX」を設置し、iPhoneやiPadに専用ソフトウェアをダウンロードするだけで、システム環境を簡単に実現可能とした。社内接続先PCには専用ソフトのインストールが不要。

 なおNECネッツエスアイでは、「持ち出しマイデスク」について、iPhone、iPad以外のスマートフォンや多機能型携帯端末への対応も図るなど、社内外問わずシームレスに業務が行えるモバイルワークソリューションの利便性向上を追求していくとしている。本ソリューションについて、2012年度までの3ヵ年での受注を約10億円とする見込み。価格は、社員数200人、同時接続人数10人とした場合の標準価格で約130万円(税込)~、およびS
I費となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top