仮想空間サービス「アメーバピグ」、CM効果で5月に訪問者が急増 ~ ネットレイティングス調べ | RBB TODAY

仮想空間サービス「アメーバピグ」、CM効果で5月に訪問者が急増 ~ ネットレイティングス調べ

エンタープライズ その他

アメーバピグの訪問者数推移
  • アメーバピグの訪問者数推移
  • 性別、年代別の訪問者構成
  • 「アメーバピグ」トップページ(画像)
 ネットレイティングスは29日、ニールセン・オンラインが提供するインターネット利用動向調査「NetView」の2010年5月データを発表した。サイバーエージェントの仮想空間サービス「アメーバピグ」の訪問者が増加し、5月時点で190万人に達していることが判明した。

 「アメーバピグ」は、自分の分身となるアバターを通じ、仮想空間上でチャットやきせかえを楽しむことのできるコミュニティサービス。訪問者数の推移を見ると、2009年12月から順調な増加傾向となっていたが、特に2010年5月に急増していた。4月より開始したテレビCM放映(アメーバピグユーザーであるタレントのDAIGOさん、千秋さん、矢口真里さんらが出演)が影響したと推測される。

 属性別の訪問者構成を見ると、性別では男女比が41:59と女性の占める割合がやや高くなっていた。年代別では、男性は30代の占める割合が高く、女性は男性に比べて20歳未満、20代の割合が高くなっていた。

 ネットレイティングス社シニアアナリストの鈴木成典氏は「これまで、仮想空間サービスには大きく成功したものがなかっただけに、アメーバピグの訪問者数増加には注目しています。アメーバピグは、芸能人の参加、ゲームの提供、テレビCM の放映、参院選やワールドカップのような時事関連のイベント開催など、積極的なプロモーションを展開しています。また、コンビニエンスストアなどの仮想店舗出店や、自社製品をアバターのアイテムとして提供するプロダクトプレイスメントなど、企業とのコラボレーションも行われており、今後も参加企業が増えていくでしょう。そして、利用者が増加することで、アバターのアイテム購入のようなユーザーへの課金サービスによる収益拡大も望めると思われます」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

特集

page top