セールスフォース・ドットコム、「Salesforce Chatter」正式リリース開始 | RBB TODAY

セールスフォース・ドットコム、「Salesforce Chatter」正式リリース開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Salesforce Chatter」画面例(同僚や顧客のプロフィール情報にもより容易にアクセスできる)
  • 「Salesforce Chatter」画面例(同僚や顧客のプロフィール情報にもより容易にアクセスできる)
  • 「Salesforce Chatter」画面例(一般的なソーシャル機能をアプリに付加することが可能)
  • Salesforce Chatter」サイト(画像)
  • 「AppExchange」サイト(画像)
 米セールスフォース・ドットコムは現地時間22日、世界77,300以上の導入企業向けに「Salesforce Chatter」を正式リリースしたことを発表した。

 「Salesforce Chatter」は、業界初のクラウド型エンタープライズ・ソーシャルコラボレーション・アプリケーションおよびプラットフォームとなる。開発者は「Salesforce Chatter」を利用してCloud 2アプリケーションを開発することが可能。なおセールスフォース・ドットコムは、「Salesforce Chatter」の正式リリースに加え、エンタープライズ・ソーシャルネットワークの全社導入を検討しているユーザー向けに、新しいChatterのライセンス(「Chatter」のみが利用可能なライセンス)も発表した。

 「Salesforce Chatter」は、Facebook、Google、Twitterなどで広く普及したプロファイル、ステータス更新、リアルタイムフィードといったソーシャル機能を活用できるプラットフォームだ。「Chatter」のソーシャルコラボレーション・テクノロジーを活用したコラボレーションでは、複数ユーザーによるドキュメントの共同作成だけでなく、同僚やビジネスプロセス、アプリケーションのデータもフォロー可能となる。業務に不可欠な各種プログラム、プロジェクト、同僚、顧客、ケース、ドキュメント、アプリケーションなどのデータが自動的に受け取れるようになり、ソーシャルネットワーク上の情報を活用可能となる。

 セールスフォース・ドットコムは、海外で4月、日本では6月にアプリのマーケットプレイス「ChatterExchange」を公開し、ユーザーがトライアルを行い購入できるソリューションの幅を拡大した。すでに60以上の「Chatter」に特化したソリューションが、「ChatterExchange」に公開されているとのこと。

 「Salesforce Chatter」は、すでに一般提供が開始されており、「Salesforce CRM」および「Force.com」を有償利用中のユーザーは、無償で利用可能。「Chatter」専用ライセンスは、Professional Edition、Enterprise Edition、Unlimited Editionで、1ユーザー当たり月額1,500円(税別)で利用可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top