富士通・野副元社長の地位保全請求却下 | RBB TODAY

富士通・野副元社長の地位保全請求却下

 富士通は14日、元社長の野副州旦氏の地位保全を求める仮処分申請に関して、横浜地方裁判所が野副氏の請求を却下する旨の決定を下したと発表した。

エンタープライズ 企業
富士通による発表
  • 富士通による発表
  • 4月中旬の開催された富士通側による会見の様子
 富士通は14日、元社長の野副州旦氏が5月12日に横浜地方裁判所に申し立てた代表取締役および取締役としての地位保全を求める仮処分申請に関して、横浜地方裁判所川崎支部が野副氏の請求を却下する旨の決定を下したと発表した。

 「債権者(野副氏)は、富士通の社長として風評の芳しくないファンド関係者と個人的にでも親しく付き合ったことが不用意であり、富士通を傷つけたことにもつながり、会社のためにやむを得ないと判断し、辞任勧告を受け入れたものと認めるのが相当」と認定し、野副氏の申し立てを却下。富士通では、かねてからの主張が裁判所によって全面的に認められたものとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top