エイサー、1,200万:1の高コントラスト比で壁掛け対応の薄型液晶ディスプレイ | RBB TODAY

エイサー、1,200万:1の高コントラスト比で壁掛け対応の薄型液晶ディスプレイ

IT・デジタル 周辺機器

S231HLbid/S221HQLbidの前面
  • S231HLbid/S221HQLbidの前面
  • S231HLbid/S221HQLbidの前面
  • S201HLbdの前面
  • S201HLbdの側面
 日本エイサーは、acerブランドの液晶ディスプレイの新製品として、15mmを切る薄型ボディで壁掛けに対応した「S1」シリーズから3製品を発表した。価格はオープン。

 3製品のラインアップと発売日、予想実売価格は次のとおり。23V型「S231HLbid」は6月中旬発売で25,000円前後、21.5V型「S221HQLbid」は6月中旬発売で23,000円前後、20V型「S201HLbd」は6月下旬発売で20,000円前後。23V/21.5V型は解像度1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応し、HDMIを搭載。20V型は解像度1,600×900ピクセルとし、HDMIを非搭載。

 いずれもバックライトに白色LEDを採用した無水銀パネルユニットを搭載し、省電力CCFLタイプの同社従来品との比較で、消費電力を最大28%削減した。また、白色LEDバックライトにより薄型ボディを可能とし、最薄部はS231HLbidが14.8mm、S221HQLbidが13.2mm、S201HLbdが14.9mmと3モデルとも15mmを切る薄さ。幅100×高さ100mmのVESAマウントに対応し、壁掛けが可能となっている。

 薄型ボディながら白色LEDバックライトとAcer ACM(Adaptive Contrast Management)テクノロジーの組み合わせで、コントラスト比を1,200万:1とした(ACM非作動時は1,000:1)。また、ACMにより使用環境に合わせて「ムービー」/「グラフィック」/「標準」/「テキスト」の4モードと、「ユーザー」モードから最適な表示方法を設定、保存できる。

 視野角は上下170度/左右160度、輝度は250cd/m2、応答速度は5ms。インターフェースはミニD-sub15ピン/DVI-D(HDCP対応)で23V/21.5V型はさらにHDMIを搭載する。

 台座を含む本体サイズと重さは次のとおり。23V型は幅542.2×高さ391.4×奥行き157mmで3.8kg。21.5V型は幅505×高さ371×奥行き145mmで3kg。20V型は幅474×高さ350×奥行き145mmで2.8kg。付属品はミニD-sub15ピンケーブル/DVI-Dケーブル/台座/脚部など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top