東芝、Blu-ray 3D対応のハイスペックノート「dynabook TX/98MBL」 | RBB TODAY

東芝、Blu-ray 3D対応のハイスペックノート「dynabook TX/98MBL」

IT・デジタル ノートPC

東芝、Blu-ray 3D対応のハイスペックノート「dynabook TX/98MBL」
  • 東芝、Blu-ray 3D対応のハイスペックノート「dynabook TX/98MBL」
  • 「NVIDIA 3D Vision」のページ
 東芝は7日、Blu-ray 3Dの3D再生に対応した15.6型ワイドのハイスペックノート「dynabook TX/98MBL」を発表。7月下旬から発売を開始する。価格はオープンで、予想実売価格は250,000円前後。

 同製品は、NVIDIAの「NVIDIA 3D Vision」に対応し、同梱の3Dメガネを用いてBlu-ray 3Dの視聴が可能。また、既存の3Dゲームにおいても3D立体視ゲームとして楽しむことができるとうたう。ただし、3DゲームはDirect X 9以上のバージョンに対応した製品で、タイトルによっては立体視の効果に差があるとしている。

 3D表示は、昨今の3D映画や3Dテレビなどで用いられている「アクティブシャッター方式」を採用。15.6V型ワイド(1,366×768ピクセル)の120MHz倍速駆動方式ディスプレイを備え、左目用・右目用の映像を1秒間に60コマずつ、あわせて120コマを交互に高速に映し出すという。

 CPUはCore i7-740QM(1.73GHz)、専用グラフィックスにGeForce GTS 350M(専用メモリは1GB)を搭載。音響にもこだわり、「harman/kardon」製のステレオスピーカーを内蔵し、加えて通常のステレオサウンドを5.1chサラウンド音響として再生可能な「ドルビーアドバンストオーディオ」を採用した。

 そのほかのおもな仕様は、OSがWindows 7 Home Premium 32ビット版/64ビット版のセレクタブル、メモリが4GB(最大8GB)、HDDが640GB、光学ドライブがBlu-rayディスクドライブ(DVDスーパーマルチ機能搭載)。無線LANがIEEE 802.11b/g/n、有線LANが1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T。インターフェースがHDMI/ミニD-sub15ピン/USB2.0×4(うち1つはeSATA共用)/マイク/ヘッドホンなど。そのほか、約33万画素のwebカメラを装備した。

 本体サイズは幅380.5×高さ30~37.6×奥行き254mm、重さは約3kg。「NVIDIA 3D Visionキット」として3Dメガネ、USBコントローラー/IRエミッターなどが同梱するほか、ACアダプター/電源コード/カード型リモコン/USB接続のレーザーマウスなどが付属。
《小口》

関連ニュース

特集

page top