OLが周囲の女性に「女子力で負けた……」と感じるのはどんなとき? | RBB TODAY

OLが周囲の女性に「女子力で負けた……」と感じるのはどんなとき?

エンタメ 調査

あなたは自分の「女子力」に自信がありますか?
  • あなたは自分の「女子力」に自信がありますか?
  • 友人グループの中では、自分は「女子力が高い方」だと思いますか?
  • 「女子力アップ」のために取り組んでいることはありますか?
  • 友人には「女子力で負けたくない」と思いますか?
  • オトナの女子力レッスン
 女性向けサイト「オトナの女子力レッスン」を展開する大塚製薬はトレンダーズ協力のもと、25~35 歳の女性500名に対して、「女子力」に関する意識調査を行った。調査期間は2010年4月17日~18日。

 「あなたは自分の『女子力』に自信がありますか?」という質問では、51%の人が「ない」と回答。「恋愛をしていないので、女子力低下中(28歳・メーカー事務)」など、恋愛から遠ざかっていることを理由とする人や、「忙しいといい加減になりがちだから(32歳・学校事務)」「仕事が忙しくなると、なりふり構わなくなるから(32歳・出版関連)」など、忙しさを理由とする人、さらには「おばさん年齢だから(33歳・講師)」と年齢を理由とする人もいた。

 「友人グループの中では、自分の女子力はどの程度か」を質問したところ、トップは「同じくらいだと思う(48%)」で、「低い方だと思う(27%)」、「高い方だと思う(25%)」と続いた。「低い」と答えた人に理由を聞いたところ、「同性から見ても素敵なお友達が多いので、自分は見習わせてもらっている(29歳・WEB関係)」「女子力の高い友達と遊ぶことが多いので、同じグループの中では低いと思う(32歳・メーカー)」などの声があがった。

 「他の女性に『女子力が負けている』と感じるのは、どんなときですか?」という質問では、「合コンで上手に男性をあやつっている女子を見たとき(34歳・WEBサイト運営会社経営)」「飲み会の席で男性を持ち上げている女子を見たとき(28歳・メーカー事務)」「身なりだけでなく、しぐさや礼儀がしっかりしている女性を見たとき(29歳・専門学校受付)」「立ち振る舞いや言葉使いがキチンとしている女性を見ると、自分はまだまだだと思う(34歳・官公庁事務)」といった声があがった。

 「現在、『女子力アップ』のために取り組んでいることはありますか?」という質問では、62%が「ある」と回答した。「素敵な彼氏がほしいから(25歳・看護師)」「女子力をあげて、恋&結婚がしたいから(32歳・マッサージ指圧師)」といった恋愛・結婚に関する理由のほか、「歳を重ねても美しい女性でいたいから(28歳・総務人事)」「常に女子でいたいから(33歳・アロマセラピスト)」など、女性らしさの追及に関する理由が多くみられた。具体的には「料理」「ヨガ」「エステ」「ネイル」「運動(ジョギングなど)」が人気のようだ。

 「『女子力アップ』の取り組みを周囲の友人にも話しているか?」という質問では、53%が「話していない」と回答。「友人には『女子力で負けたくない』と思いますか?」という質問では69%が「そう思う」と答えた。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top