2人に1人が昼歯みがき実践中~石川遼とオーラルケア新習慣 | RBB TODAY

2人に1人が昼歯みがき実践中~石川遼とオーラルケア新習慣

エンタメ 調査

あたなは現在、「ムシ歯」がありますか?
  • あたなは現在、「ムシ歯」がありますか?
  • 歯肉炎・歯周病に関する調査
  • 歯を1日何回みがいていますか?
  • 「ハブラシ」はどのくらいの頻度で交換していますか?
  • 石川 遼選手と歯みがきチャレンジ!オーラルケア7day’s Challenge
 ライオンは6月4日~10日の「歯の衛生週間」に向け、30~50代の男女を対象に「ムシ歯・歯みがき」に関するネット調査を行った。調査期間は4月3日~4日、男女各250名、計500名より回答を得た。

 「あなたは現在、『ムシ歯』がありますか?」の設問には、33%が「ある」と回答。また、その中で70%が「未治療」という。「社会人になってから、『ムシ歯』ができたことがありますか?」には87%が「ある」と回答し、子どものものと思われがちなムシ歯だが、実際は多くの大人も経験している実態が明らかになった。

 「『歯周病』になった経験」についても33%が「ある」と回答している。「1回の歯みがきの時間は1分以内」「口臭が気になる」「間食や不規則な食事が多い」「甘いお菓子やジュースなどをよく摂る」「歯医者での定期健診を受けていない」のうち1つ以上当てはまる人は「歯肉炎・歯周病の『予備軍』」だそうだが、該当者は全体の84%にも上るという。だが、「歯肉炎」「歯周病」の予防を心がけている人は「歯肉炎」で66%、「歯周病」で69%となっており、大人の男女の高い意識が伺える結果となった。

 「歯みがき」については、1日「2回」が49%、「3回」が28%と、約3割が「1日3回の歯みがき」を実践しているという結果となった。昼食後の歯みがきについては、47%が実施しており、なかでも40~50代の女性では66%と約7割が「昼食後に歯をみがいている」と答えた。一方、同世代の男性では、昼食後に歯をみがいている人が34%と女性の約半数にとどまり、男女で明らかな差が現れた。なお、40~50代男性の42%が「現在ムシ歯がある」と答えており、これが平均より1割近くも高いことから、「ムシ歯予防」における、昼食後の歯みがきの重要性が示される結果となった。

 ハブラシの交換頻度については、「3ヶ月に1回」が55%ともっとも多く、「1ヶ月に1回以上」(26%)がこれに続いた。1ヶ月に1回以上交換している理由としては、「みがく効果が落ちないようにするため」「ブラシが広がるとキレイにみがけないため」「雑菌が気になるから」などがあげられた。

 ライオンでは、6月4日から10日の「歯の衛生週間」に向け、プロゴルファー石川遼選手を起用した「ハミガキプリンス石川 遼選手と歯みがきチャレンジ!」キャンペーンを実施している。同キャンペーンの一環として、Webサイト「石川 遼選手と歯みがきチャレンジ!オーラルケア7day’s Challenge」では、オーラルケアの新習慣を提案する4つの「オーラルケアコンテンツ」を公開中だ。
《RBB TODAY》

特集

page top