次世代アプリ開発者向けの収益化支援プロジェクト「Future of Apps」が発足 | RBB TODAY

次世代アプリ開発者向けの収益化支援プロジェクト「Future of Apps」が発足

エンタープライズ 企業

「Future of Apps」サイト(画像)
  • 「Future of Apps」サイト(画像)
  • 全体スケジュール
 ベストクリエイトは、光通信、サイバーエージェント・インベストメント(CAI)、SBIインベストメントの後援を受け、次世代アプリ開発者に向けた収益化支援プロジェクト「Future of Apps」を共同で発足した。

 クリエイターの発掘、モバイルコンテンツ開発において、4社が資金・開発環境の側面から提供し、アプリのリリース後は収益化のサポートまでを行う。開発されたアプリは、ベストクリエイトの強みであるリアルアフィリエイトネットワーク網(6,400店舗:2010年4月現在)を通して、市場で収益化ができるよう光通信グループと共同して支援する。クリエイター&エンジニアを対象に、本プロジェクトでは1企画当り最大1,000万円、総額10億円をかけて、開発資金や開発環境、技術サポート、必要人員のマッチングなどを行うとのこと。

 なお本プロジェクト始動の第一歩として、6月4日19時~21時に東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3-5-1)にて、スマートフォンアプリのクリエイター&エンジニアのための、キックオフカンファレンスも開催される。参加資格は、次世代アプリの開発に関心の高いクリエイター&エンジニア約300名(事前申込制)および報道関係者となっている。公式サイトより申し込み可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top