日本エイサー、3D/フルHD対応のプロジェクター2製品 | RBB TODAY

日本エイサー、3D/フルHD対応のプロジェクター2製品

IT・デジタル 周辺機器

X1161Aの本体とリモコン
  • X1161Aの本体とリモコン
  • X1161Aの本体斜め
  • X1161Aの本体上部
  • H7530Dの正面
  • H7530Dの斜め
  • H7530Dの背面
 日本エイサーは、プロジェクターの新製品として、DLP搭載で3D対応モデルの「X1161A」とフルHD対応の「H7530D」を発表。価格はオープン。発売日と予想実売価格は、X1161Aが4月30日からの発売で60,000円前後、H7530Dが5月下旬からの発売で160,000円前後。

 X1161Aは、3Dに対応したプロジェクター。3D対応のPCやAV機器に接続し、3D対応のアクティブ・グラスをかけることで立体映像を楽しめる。通常の2Dでの投影も可能となっている。

 H7530Dは、画素数が1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応したプロジェクター。Blu-rayディスクなどの高精細画像をフルHD画質のままで楽しめる。また、コントラスト比が40,000:1となっており、映像はもちろん、文字の輪郭や映像の細部もクリアに投写できるという。2Wのスピーカーを内蔵する。

 両製品に共通の特徴として、デジタル制御により、高精細な映像投写が可能なDLPテクノロジーを搭載。オートマチック・カラートラッキング・システムにより色温度を自動調整する「Acer Color Boost II+Technology」や、入力信号レベルの違いによって生じる画質のばらつきを自動補正し画質を均一化する「パワフル・イメージ・プロセッシング」、より鮮やかな原色と自然な肌色を生み出す「HSGカラーチューニング」を装備する。

 また、モード設定によって投写する環境や映像に適した設定が行なえる「eView Management」、投影先の壁色に適した投影色に変更する「Wall-Color Compensation」、投影映像の部分拡大や中央への移動が可能になる「Digital Zoom and Pan」、投影まで約15秒で立ち上がる「Quick Start」といった機能を備えている。

 おもな仕様としてX1161Aは、画素数が800×600ピクセル、アスペクト比が4:3(通常)/16:9、コントラスト比が4,000:1、輝度が2,500ルーメン(ECOモード時2,000ルーメン)。ズームが手動1.1倍/デジタル2倍、投写距離が1~11.9m、投写画面サイズが23~300型。インターフェースがミニD-sub15ピン/RCA/Sビデオ/USBなど。本体サイズが幅268×高さ80×奥行き192mm、重さが2.2kg。付属品がミニD-sub15ピンケーブル/リモコン/レンズキャップなど。

 おもな仕様としてH7530Dは、アスペクト比が16:9(通常)/4:3、輝度が2,000ルーメン(ECOモード時1,600ルーメン)。ズームが手動1.2倍/デジタル8倍、投写距離が1.5~10m、投写画面サイズが37~300型。インターフェースがHDMI/ミニD-sub15ピン/RCA/Sビデオ/ステレオミニ/USB/RS232など。本体サイズが幅294×高さ95×奥行き229mm、重さが3.2kg。付属品がミニD-sub15ピンケーブル/コンポジットビデオケーブル/リモコン/レンズキャップ/キャリングケースなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top