KDDI、NFC携帯電話の実証実験を開始 ~ かざすだけでクレジット決済もタグ読み込みも可能に | RBB TODAY

KDDI、NFC携帯電話の実証実験を開始 ~ かざすだけでクレジット決済もタグ読み込みも可能に

エンタープライズ モバイルBIZ

今回の実験の設備構成
  • 今回の実験の設備構成
  • 各機能を活用した具体的な利用イメージ
  • 実験実施企業 (社名50音順)
 KDDIは22日、NFC携帯電話を用いたさまざまな非接触型IC技術に関する実証実験を実施すると発表した。「NFC」(Near Field Communication)は次世代の近接型無線通信方式。非接触ICカード機能やリーダ/ライタ機能、機器間通信機能などが利用できる。

 NFC携帯電話では、クレジットカードや電子マネーの決済サービス、海外の交通機関への対応、IC運転免許証など公的証明書との連携、チケットサービスやICタグを内蔵したポスターにかざすことによる情報取得など、複数のサービスが1台の携帯電話で利用可能となる見込みだ。

 2008年にも実証実験が実施されているが、これはクレジット決済機能のみについての実験だった。今回は、リーダ/ライタ機能や、Bluetooth連携機能など、複数のアプリケーションを、実利用に近い形で無線ネットワークにより携帯電話にダウンロードし、携帯電話のUIMカード上に搭載する。また、クレディセゾン、じぶん銀行、全日本空輸、TOHOシネマズ、トヨタ自動車など、多数のパートナー企業が協力し、さまざまな検証を行う。クレジット決済機能と決済用リーダ/ライタ機能については、MasterCard PayPassの認定取得を目指す。

 なおNFCはISO(国際標準化機構)で規定された国際標準で、タイプA、タイプB、FeliCaの通信方式に対応しているが、本実験に用いられるNFC携帯電話は、携帯通信事業者の世界的な業界団体であるGSMAの分科会Pay-Buy-Mobileの指定する仕様も満たしているとのこと。今後は海外との国際互換性を意識し、海外事業者とも仕様共通化を目指すという。実験期間は5月1日~12月31日。
《冨岡晶》

特集

page top