ASUS、フォトスタンドタイプなど液晶ディスプレイの5製品 | RBB TODAY

ASUS、フォトスタンドタイプなど液晶ディスプレイの5製品

IT・デジタル 周辺機器

MS202N
  • MS202N
  • VE246H
  • VH242H
  • VH222H
  • VH192C
 ASUSTeK Computerは16日、スタイリッシュなフォトスタンドスタイルの20V型ワイド液晶「MS202N」など液晶ディスプレイの5製品を発売した。

 全5製品のラインアップと価格は、MS202Nが18,800円、24V型ワイド液晶「VE246H」が26,800円、23.6V型ワイド液晶「VH242H」が24,800円、21.5V型ワイド液晶「VH222H」が19,800円、18.5V型ワイド液晶「VH192C」が13,800円。フォトスタンドタイプはMS202Nのみで、ほかの4製品は通常のスタンドタイプとなる。

 MS202Nは、薄型パネルに独自開発の映像エンジンチップ「Splendid」を搭載し、写真や動画をより鮮やかに表示するというモデル。ASCR(ASUS Smart Contrast Ratio)テクノロジーにより50,000:1(ASCRのOFF時は1,000:1)の高コントラスト比とするほか、映像で5種類、肌色で3種類、色温度で5種類から好みのモードを設定できる。

 おもな仕様として、解像度は1,600×900ピクセル、視野角は上下160度/左右170度、最大輝度は250cd/m2、応答速度は5ms。インターフェースはDVI-D×1(HDCP対応)/ミニD-sub15ピン/ヘッドホンなど。本体サイズは幅496.8×高さ362.4×奥行き150.9mm、重さは約3.1kg。付属品はDVI-Dケーブル/ミニD-sub15ピンケーブルなど。

 VE246Hは、ASCRにより50,000:1(ASCRのOFF時は1,000:1)の高コントラスト比としたモデル。1W×2のステレオスピーカーを内蔵するほか、映像で5種類、肌色で3種類、色温度で5種類から好みのモードを設定できる。

 おもな仕様として、解像度は1,920×1,080ピクセルのフルHD対応。視野角は上下160度/左右170度、最大輝度は250cd/m2、応答速度は2ms。インターフェースはHDMI(HDCP対応)/DVI-D×1(HDCP対応)/ミニD-sub15ピン/3.5mmステレオミニ/ヘッドホンなど。本体サイズは幅569.4×高さ340.4×奥行き201mm、重さは約4.9kg。付属品はDVI-Dケーブル/ミニD-sub15ピンケーブル/3.5mmステレオミニジャックケーブルなど。

 VH242H/VH222Hは、Splendidを搭載し、ASCR(20,000:1/ASCRのOFF時は1,000:1)を採用したモデル。2W×2のステレオスピーカーを内蔵するほか、映像で5種類、肌色で3種類、色温度で5種類から好みのモードを設定できる。

 おもな共通仕様として、解像度は1,920×1,080ピクセルのフルHD対応。視野角は上下160度/左右170度、最大輝度は300cd/m2、応答速度は5ms。インターフェースはHDMI(HDCP対応)/DVI-D×1(HDCP対応)/ミニD-sub15ピン/3.5mmステレオミニ/ヘッドホンのほかS/P DIF(同軸)など。

 本体サイズは、VH242Hが幅562×高さ416×奥行き220mm、VH222Hが幅515×高さ405×奥行き220mm。重さは、VH242が約5.8kgでVH222Hが約4.9kg。

 ともに付属品はDVI-Dケーブル/ミニD-sub15ピンケーブル/3.5mmステレオミニジャックケーブルなど。

 VH192Cは、Splendidを搭載し、ASCR(10,000:1/ASCRのOFF時は1,000:1)を採用したモデル。1W×2のステレオスピーカーを内蔵するほか、映像で5種類、肌色で3種類から好みのモードを設定できる。

 おもな仕様として、解像度は1,366×768ピクセル、視野角は上下160度/左右170度、最大輝度は300cd/m2、応答速度は5ms。インターフェースはDVI-D×1(HDCP対応)/ミニD-sub15ピン/3.5mmステレオミニなど。本体サイズは幅442×高さ387×奥行き210mm、重さは約3.7kg。付属品はDVI-Dケーブル/ミニD-sub15ピンケーブル/3.5mmステレオミニジャックケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top