カマンギ・ジャパン、アンドロイド搭載の7V型タブレット端末をバージョンアップ | RBB TODAY

カマンギ・ジャパン、アンドロイド搭載の7V型タブレット端末をバージョンアップ

IT・デジタル モバイル

カマンギジャパンのアンドロイド搭載7型タブレット
  • カマンギジャパンのアンドロイド搭載7型タブレット
  • 「Camangi WebStation」のバージョンアップ版
  • 「Camangi WebStation」のバージョンアップ版
  • 「Camangi WebStation」のバージョンアップ版
 カマンギ・ジャパンは15日、同社が2009年12月に発売を開始したアンドロイド端末「Camangi WebStation」のバージョンアップ版を発表。同日から発売を開始した。価格は39,800円。

 同製品は、OSにアンドロイド1.5を搭載したタッチパネル式の7V型タブレット端末。無線LAN接続性の改善を図り、従来に比べて安定して接続できるようになったという。加えて3G Wizardの接続設定にID、パスワードのオプションを付加し、3Gドングル使用の際の改善を図っている。

 また、ファームウェアアップデートにより、ホーム画面変更をより見やすくしたほか、メインアプリケーションの追加(電子書籍ビューワー、VoIPアプリなど)を行なった。

 ディスプレイ解像度は800×480ピクセル。CPUはMarvell PXA303(624MHz)、メモリは128MB、内蔵フラッシュメモリは 256MB(NAND型)。8GBのmicroSDカードが付属する。本体サイズは幅200×高さ14.5×奥行き120mm、重さは約390g。なお、アンドロイド2.1ベースの端末は今秋発売に向け開発中とのこと。
《小口》

関連ニュース

特集

page top