シャープ、5月に3Dテレビを発表――4原色3D液晶ディスプレイを開発 | RBB TODAY

シャープ、5月に3Dテレビを発表――4原色3D液晶ディスプレイを開発

IT・デジタル テレビ

シャープ、今夏3Dテレビを発売
  • シャープ、今夏3Dテレビを発売
  • 大画面3Dでも高画質をうたう
  • シャープの「大画面3D液晶技術」
  • 3D視聴用の「アクティブシャッターメガネ方式」
 シャープは12日、世界で初めて4原色技術を用いた3D液晶ディスプレイを開発したことを発表。あわせて5月に、本ディスプレイを用いた3Dテレビを発表することも明らかにした。発売は夏を目指しており、日本国内では4月のパナソニック、6月のソニーに続く3Dテレビへの参入となる。

 今回開発された液晶ディスプレイは、テレビ用液晶パネル用技術「UV2A(ユーブイツーエー)」に、「4原色技術」、「FRED(フレッド)技術」、「サイドマウントスキャニングLEDバックライト技術」を加えて3D表示時の低輝度をクリアし、クロストーク(左目・右目の二重像)の低減を実現したという。

 業界最高輝度をうたう大画面テレビ用の3D視聴には、「アクティブシャッターメガネ方式」を採用する。先日、同社ではメガネが不要な「視差バリア方式」を採用したモバイル機器向けの2D/3D切り替え可能な高輝度液晶ディスプレイを発表したばかり。なお12日から3D特設サイトを開設し、3Dディスプレイのアピールに努めている。
《小口》

関連ニュース

特集

page top