The Linux Foundation、「MeeGo Seminar Spring 2010」を開催 ~ Moblin+Maemo統合の新OS詳細が明らかに | RBB TODAY

The Linux Foundation、「MeeGo Seminar Spring 2010」を開催 ~ Moblin+Maemo統合の新OS詳細が明らかに

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「MeeGo Seminar Spring 2010」サイト(画像)
  • 「MeeGo Seminar Spring 2010」サイト(画像)
 The Linux Foundationは、来る4月21日に開催される「MeeGo Seminar Spring 2010」のプログラム詳細を発表した。

 「MeeGo(ミーゴ)」は、Intel社の「Moblin(モブリン)」とNokia社の「Maemo(マエモ)」を1つに統合したLinuxベースのモバイル向けOS。今年2月の「Mobile World Congress」(スペイン・バルセロナ)で発表された。MeeGoについては「MeeGoプロジェクト」をLinux Foundationが運営し、オープンソースプラットフォームとして開発および利用を加速するための活動を展開している。MeeGoの開発の成果はLinuxカーネルのメインラインにも取り込まれていく予定にもなっている。

 「MeeGo Seminar Spring 2010」は、多くの企業の協賛により開催されるイベント。「MeeGoエコシステム」を形成して、搭載端末を増やし、アプリケーションやコンテンツ開発者にとって魅力的なプラットフォームに成長させるのが目的で、MWCでの発表後、日本で初めてMeeGoの詳細が公開されることとなる。「MeeGo Seminar Spring 2010」では、MeeGoプロジェクトを運営する米The Linux FoundationのExecutive DirectorであるJim Zemlinの他、MeeGoプロジェクトに参画するキー企業であるWind River、Novell、ターボリナックス、ミラクル・リナックスなどの国内外の主要Linuxディストリビュータが、基調講演やデモ出展などを行うとのこと。「MeeGo Seminar Spring 2010」は4月21日に東京コンファレンスセンター品川にて開催の予定。

 インテル マーケティング本部長の江田 麻季子氏は「ノキアとの戦略的提携の強化により実現したMeeGoプロジェクトは、真のオープンソース・ソフトウェアを基盤としており、今後、さまざまな業種や業態向けの端末に採用されていくものと期待しています。インテルは、インテル・アーキテクチャーに基づいたプラットフォームのさらなる発展を目指すとともに、MeeGo技術ステアリングコミッティーの一員として、今後も強く本プロジェクトに貢献していく所存です」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top