パナソニック、浴室での快適視聴を追求した防水仕様ポータブルワンセグテレビ | RBB TODAY

パナソニック、浴室での快適視聴を追求した防水仕様ポータブルワンセグテレビ

IT・デジタル テレビ

SV-ME650のホワイト/ピンク/ブラック
  • SV-ME650のホワイト/ピンク/ブラック
  • SV-ME550のホワイト/ピンク
  • 画面表示(左)/キッチン利用(中)/浴室利用(右)のイメージ
 パナソニックは5日、5V型ワイド液晶搭載ポータブルワンセグテレビ「ビエラ・ワンセグ」の防水仕様タイプでスペックアップを図った新モデルを発表。4月23日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は、音楽/静止画再生機能搭載「SV-ME650」が38,000円前後、同非搭載「SV-ME550」が30,000円前後。

 両製品は、ワンセグ放送を視聴/録画できるポータブルワンセグテレビ。JIS保護等級IPX6/IPX7相当の試験をクリアし、浴室内での使用も可能。SD(8MB~2GB)/SDHC(4~32GB)/SDXC(48/64GB)メモリーカードスロットを搭載しており、録画番組をカードに録画できる。またSV-ME650は、カード内の音楽ファイルの再生や、デジタルフォトフレームとして静止画の再生にも対応する。

 2009年2月に発売された「SV-ME750」のスペックアップモデルで、スピーカーの振動板面積を1.3倍に、開口部の面積を2.6倍にそれぞれ大型化。また、スタンド吸着部の径をより小さくしたことで、従来置くことが難しかった、お風呂の縁などに簡単に設置できるようになったという。

 さらにSV-ME650は、高音質回路を搭載することにより、従来機種SV-ME750との比較で音圧が約1.4倍向上。「小声を大きくする」と「反響音を抑える」という音場設定機能を可能としたことで、お風呂でのワンセグ放送や音楽の聴きやすさを追求した。また、お風呂で使用後に、タオルで水気を取り、バッテリーチャージャースタンドに装着するだけで充電できるバッテリーチャージャースタンドを付属する。

 そのほかに両製品に共通の特徴として、予約録画を行なうことが可能。番組表から予約録画した場合にスポーツ番組などの番組延長で、予約後に放送時間が変わっても、延長時間分を自動的に変更する番組追従機能を装備。録画したい番組がすぐに選べるラクラク予約録画&ワンボタン録画機能を備えるほか、ワンタッチ操作で見たい番組がすぐに見つかるチャンネル一覧表示機能を搭載する。

 おもな仕様として、解像度は480×272ピクセル。スピーカーは、ME650が330mW×2、ME550が300mW×2。インターフェースはUSB2.0/3.5mmステレオミニ。本体カラーは、ME650がホワイト/ピンク/ブラック、ME550がピンク/ホワイト。本体サイズは幅178.8×高さ91.4×奥行き50.5mm(本体スタンド使用時)、重さは約273g。付属品は外付けスタンドのほか、さらにME650はUSB接続ケーブル/バッテリーチャージャースタンドなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top