「史上もっとも大きな変更」 ~ YouTube、動画ページのデザインを大幅リニューアル | RBB TODAY

「史上もっとも大きな変更」 ~ YouTube、動画ページのデザインを大幅リニューアル

ブロードバンド ウェブ

新デザインのYouTubeページ
  • 新デザインのYouTubeページ
  • 説明を含む動画に関する情報
  • 動画のリスト追加がより簡単に
  • 「評価する」(親指を上げる画像)/「評価しない」(親指を下げる画像)で評価
 YouTubeは1日、動画ページのデザインを、より機能を絞り込んだシンプルな外観のページに大幅変更した。同社では「YouTubeの更新史上、もっとも大きな部類に入る」としている。

 新デザインのテーマは“原点に戻ること”で、「動画を視聴する」「制作者と関わり合う」といった視点が大きく配慮されているという。YouTubeでは、新動画ページを2か月ほど前から一部公開し、実験を行っていた。この実験期間中にユーザーから得たフィードバックを基にさらに変更を加え全ユーザーに公開した。

 まず全体として、より明解で、シンプルで、使いやすいページとなったほか、説明を含む動画に関する情報を一個所にまとめ、詳細を確認したい場合に一括で行えるようにした。ページの右側には、最上部よりおすすめ動画を配置。現在観ている動画をどのように見つけたかという情報をベースに、次におすすめをリストアップするようになっている。新しい再生リストのインターフェイスも、動画の上に表示されるようになった。画面右上の矢印ボタンをクリックすることでリストの内容すべてを表示できまる。

 またこれにあわせて、「保存先」のボタンをクリックして、「お気に入り」または指定する再生リストをクリックするだけで、視聴中の動画を再生リストやお気に入りに追加できるようになった。動画の共有、不適切な動画としての報告、動画の埋め込みコードの取得も、まとめて動画の下から行えるようになっている。

 動画の評価については、従来の★を使った5段階評価の代わりに、親指で評価を示す、いわゆる「サムアップ/サムダウン」に変更された。コメント欄は評価の高いコメントを上部に「評価の高いコメント」として取り上げ、また動画投稿者から視聴者へのコミュニケーションも「アップロードしたユーザーのコメント」として上部に掲載される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top