NTTドコモ、世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日発売 | RBB TODAY

NTTドコモ、世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日発売

エンタープライズ モバイルBIZ

 NTTドコモは23日、ディスプレイとキーボードが完全に分離する世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日より発売すると発表した。
  •  NTTドコモは23日、ディスプレイとキーボードが完全に分離する世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日より発売すると発表した。
  •  NTTドコモは23日、ディスプレイとキーボードが完全に分離する世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日より発売すると発表した。
  •  NTTドコモは23日、ディスプレイとキーボードが完全に分離する世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日より発売すると発表した。
  •  NTTドコモは23日、ディスプレイとキーボードが完全に分離する世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日より発売すると発表した。
  •  NTTドコモは23日、ディスプレイとキーボードが完全に分離する世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日より発売すると発表した。
  •  NTTドコモは23日、ディスプレイとキーボードが完全に分離する世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日より発売すると発表した。
  •  NTTドコモは23日、ディスプレイとキーボードが完全に分離する世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日より発売すると発表した。
  •  NTTドコモは23日、ディスプレイとキーボードが完全に分離する世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日より発売すると発表した。
 NTTドコモは23日、ディスプレイとキーボードが完全に分離する世界初のセパレートスタイル「docomo PRIME series F-04B」を26日より発売すると発表した。

 docomo PRIME series F-04Bは、ディスプレイユニットをスライドさせると通常のテンキー、ディスプレイユニットをキーボードから取り外すとキーボードユニットにQWERTYキーが現れるというユニークな構造が特徴だ。ディスプレイユニットは3.4インチフルワイドVGA(480ドット×960ドット)のタッチパネルを搭載し、手書き文字認識にも対応する。キーボードユニットのみで通話しながら、分離したディスプレイユニットでメールや電話帳、スケジュールの確認、iモードやフルブラウザの検索、カメラの撮影といったこともできる。見あたらないユニットから音や光を出すことができる「ケータイサーチ」機能で、分離したユニットを簡単に探すこともできる。

 サイズは高さ約114×幅約51×厚さ約20mm(最薄部約19.6mm)、重量は約169グラム(ディスプレイユニット:約87グラム、キーボードユニット:約82グラム)。連続待受時間(ユニット接合時)は3Gが約600時間、GSMが約320時間。連続通話時間(ユニット接合時)は3G・GSMともに約300分。顔検出オートフォーカス対応CMOSカメラ(約1,220万画素/約1,200万画素)を搭載。外部メモリとしてmicroSD(最大2GB)、microSDHC(最大16GB)に対応する。カラーはBLACK、WHITEの2種。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top