MS、不正コピー対策プログラムの自動配信を開始 | RBB TODAY

MS、不正コピー対策プログラムの自動配信を開始

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは15日、2月より配布している不正コピー対策プログラム「Windows Activation Technology(WAT)Update」の自動配信を開始した。対象となるOSは、Windows 7。
  •  マイクロソフトは15日、2月より配布している不正コピー対策プログラム「Windows Activation Technology(WAT)Update」の自動配信を開始した。対象となるOSは、Windows 7。
  •  マイクロソフトは15日、2月より配布している不正コピー対策プログラム「Windows Activation Technology(WAT)Update」の自動配信を開始した。対象となるOSは、Windows 7。
 マイクロソフトは15日、2月より配布している不正コピー対策プログラム「Windows Activation Technology(WAT)Update」の自動配信を開始した。対象となるOSは、Windows 7。

 同社によると、2009年3月の時点に世界中で使用されているWindows製品の3分の1が、海賊版もしくは偽造品という調査結果になっている。偽造品には潜在的なセキュリティ侵害やデータ損失、個人情報の紛失や不正使用などの危険性、悪意のあるソフトウェアが含まれているケースが多く、それらの利用者の多くが非正規品であることに気づいていないという。

 WATは、ソフトウェアの使用権利を不正なコピーなどから守るための認証の仕組み。ユーザはインストールから30日以内に「ライセンス認証」の手続きを行う必要があるが、Windows 7では従来のWGA(Windows Genuine Advantage)に代わって、さらに強化された技術が採用されている。本プログラムをインストールすると、70以上の不正認証を検出し、90日毎に定期的な更新プログラムを通知するようになる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top