NTT Com、企業向けクラウド型PC管理サービス「BizセキュリティPCマネジメント」を発表 | RBB TODAY

NTT Com、企業向けクラウド型PC管理サービス「BizセキュリティPCマネジメント」を発表

エンタープライズ その他

「BizセキュリティPCマネジメント」サービス概要
  • 「BizセキュリティPCマネジメント」サービス概要
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は18日、「BizCITY」コンセプトの新サービスとして、セキュリティ対策と資産管理業務を統合し、クラウド型で低コストの運用を可能とする「BizセキュリティPCマネジメント」を発表した。申込受付は4月1日より。

 「BizセキュリティPCマネジメント」では、資産管理とセキュリティ対策を統合したメニューを提供。社内ネットワークに接続されているだけで、把握していないPCも自動検出できるため、PCの資産管理が漏らさず可能となる。またパッチファイル適用が必要な端末の一覧表示やパッチの一斉適用、外部媒体への書き出し制限、アプリケーションの起動制限、履歴の記録など情報漏えい対策に対応し、資産情報をベースにした端末ごとのセキュリティ対策を網羅的に実現した。

 海外拠点など目の届きにくい拠点のPCの利用状況もリアルタイムに把握可能。各種設定変更もリモートで実行可能なため、本社から一括で各拠点の管理が可能となっている。多言語OS(日英中仏独)にも対応し、英語対応可能なヘルプデスクをオプションで提供する。

 資産情報の収集、パッチ管理、ウイルス定義ファイル管理、セキュリティ構成設定情報確認/変更、アプリケーション制御、外部デバイスへの書き出し制御、月次レポートに対応する「セキュアバリュープラン」と、資産情報の収集、パッチ管理、ウイルス定義ファイル管理、月次レポートに対応する「ベーシックプラン」の2つを提供。初期料金(税込)は105,000円〜で、サービス登録作業費、設定作業費、管理者向けマニュアルなどが含まれる。月額料金(税込)はセキュアバリュープランが1,050円/ID〜(お得な推奨プラン)、ベーシックプランが525円/ID〜(導入プラン)。その他オプションサービスとしてファイル配布(アプリケーション配布/導入、顧客指定ファイルの配布)、電源設定(グリーン対策:電源設定確認/変更、消費電力レポート)、非管理PC検出(非管理PCの検出、レポート)、海外向けヘルプデスク(英語対応)に対応する。今後は、管理対象端末としてスマートフォンにも対応予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top