マイクロソフトと広島市、障害者と高齢者のICT利活用プロジェクトで連携 | RBB TODAY

マイクロソフトと広島市、障害者と高齢者のICT利活用プロジェクトで連携

エンタープライズ その他

 マイクロソフトと広島市は15日、ICT(情報通信技術)利活用の促進を通して、障害者や高齢者にとって住みやすい地域づくりの実現に向けて協働していくため、協定を締結したことを発表した。

 広島市では「ICT地域連携プロジェクト」として、民間事業者や大学等の研究機関、地域団体等から、ICTを利活用した地域・行政の課題解決や市民のICT利活用の促進を図る企画提案を募集しており、マイクロソフトが「障害者と高齢者のICT活用プロジェクト」を応募。審査の結果、同社が、広島市の「ICT地域連携プロジェクト」の初の採択企業になった。

 プロジェクトの展開にあたり、広島市は、市内の地域団体等と連携し、ICTに関する講習や研修を共催する他、施設や人員の提供、講習の告知活動を行う。マイクロソフトは、各プログラムの講習や研修の企画提案および実施、人材育成プログラムの提供、講師の派遣、テキストなどの教材提供を行う。プロジェクト期間は2月15日〜2011年3月31日で、(1)障害者や高齢者のICTリテラシーの向上に関すること、(2)ICTを利活用した障害者や高齢者の就労支援など社会参画の促進に関すること、(3)障害者や高齢者の使いやすい情報機器やソフトウェアの開発促進に関すること、(4)その他ICT利活用による障害者や高齢者の生活を豊かにする取組に関すること、といった内容となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top