米Microsoft、次期Mac用Officeの詳細を発表 | RBB TODAY

米Microsoft、次期Mac用Officeの詳細を発表

IT・デジタル その他

現段階で公開された「Office for Mac 2011」のイメージ
  • 現段階で公開された「Office for Mac 2011」のイメージ
  • 現段階で公開された「Office for Mac 2011」のイメージ
  • 現段階で公開された「Office for Mac 2011」のイメージ
 米Microsoftは現地時間11日、米サンフランシスコで開催中の「Macworld 2010」において、次期Mac用Officeとなる「Office for Mac 2011」の詳細を明らかにした。

 既にベータ版が公開されているWindows版の「Microsoft Office 2010」と同様、「Microsoft Office Web Apps」を使用することで、PCやスマートフォンなどからweb経由でOfficeデータを利用可能となる。これにより、場所を選ばずに多彩な作業形態を提供するとうたう。

 ユーザーインターフェースには新デザインを採用し、これまでの要素を残しながら「Office 2008」のエレメンツギャラリーが進化。また、既に報じられているように、電子メール機能/スケジュール管理機能などを統合した「Entourage for Mac」に代わり、「Outlook for Mac」が提供されることになる。Outlook for MacはCocoaを使用して開発されていることから、よりMac OSとの親和性が高いという。

 Outlook for Macの新機能としてはWindows用のOutlookからの.PSTファイルのインポートが可能となり、Spotlight検索/Time Machineバックアップサポートが特長の高速ファイルデータベースを採用した。また、Information Rights Management (IRM)機能の採用により、機密情報を含むコンテンツへのアクセス権を持たないユーザーに対して受信/閲覧禁止などを設定することができる。Office for Mac 2011は北米にて2010年内の発売を予定。日本での発売時期は現段階では未定で、後日発表される見込み。
《小口》

関連ニュース

特集

page top