【物欲乙女日記(乙女の日常編)】オシャレ花粉症サングラスで花粉に立ち向かう! | RBB TODAY

【物欲乙女日記(乙女の日常編)】オシャレ花粉症サングラスで花粉に立ち向かう!

エンタメ その他

編集部
  • 編集部
  • 森林破壊の図
  • ファッションタイプというだけあって、どことなくセレブちっく
  • 横顔。なんだか鼻が低い、のはしょうがない
  • スポーツタイプ。蛍光カラーでバッチバチにキメたファッションでも似合うかもしれない。クラブとか?
  • 横顔。だから鼻が低いのは(略)
  • 決して「ど根性ガエル」のヒロシではないんです。あくまでもハリウッドセレブなんです
  • B系ファッションもイケる。ところで花粉症を患ってるB系の人っていない気がするのは私だけですか?(←偏見)
 ブエエエェェェックッション!! し、失礼いた……フェ、フェックション!! 失礼いたしまして……どうもマキヲです。冒頭からホントすみません。お見苦しいところを……クシュン!!

 そろそろポカポカとしたうららかな日差しがふりそそぐ……地獄のような季節がやってきますねぇ。
ふりそそぐのは暖かな日差しだけではないのです。そう、花粉も。

 えぇ。私、花粉症です。

 春=ティッシュを大量消費する季節

 とのように認識しておりますが、間違っておりますでしょうか?

 このようにティッシを使いまくるため周りからは“歩く森林破壊人”と陰口を叩かれているようです。でもっ……再生紙だと鼻の下とか目の下が痛くなっちゃうんだもん! デリケートなんだよ、乙女の柔肌は。ここはやわいティッシュでないと!

 今年はひどくなりそうな予感……。特に目がかゆすぎて死にそうです! もういっそのことダースベイダーのマスクでもかぶって外出したいくらいですが、普段の服装に合わないのが問題です……。というかただの不審者です。これじゃ取材にもいけません。はぁ、どうしたら……。

 どこかにオシャレなデザインで花粉のヤツもギャフンというような、ハイセンスかつ高機能なメガネはないのでしょうか。よく見かける普通の花粉症メガネはなんというか……ダサいのですよ。やっぱり見てくれも気になるんです。これでも乙女の端くれなんで(小声)。

 困り果てて編集部の人たちに聞いて回ったものの、意外にガッツリ花粉症という方がいらっしゃらない。「花粉症になったことないから知らない」とか「花粉が多い年にちょっとクシュンとなるだけから花粉グッズは使わない」とか、「てか水泳のゴーグルでよくね?(笑)」などなど、心温まるご意見をいただき、より一層自分で探さねばならん、と心に誓ったのでありました。

 と、いうわけで私は乙女の威信をかけて、オシャレな花粉メガネ探しの旅に出かけることにしました。

 ところが、涙と鼻水でボロボロになったメイクのまま街中をさまよい続けること2時間。また同じ店に戻ってきてしまいました。ないよ、ない。オシャレな花粉メガネなんて結局、私のないものねだりでしかなかったんだ。ううう。もう花粉で前が見えません……いや、涙か……と、とりあえずその場で鼻をかもうとした瞬間、『DIMENSION(ディメンション)』の箱の文字が目に飛び込んできたのです。

 これだーーーーっっっ!! ファッショナブルな花粉メガネ!!

 ファッションタイプ、タウンタイプ、スポーツタイプの3種類。カラーはファッションタイプがホワイト。タウンタイプがライトブラウン、スモーク、クリアブルー。スポーツタイプはライトスモーク、クリア、イエロー。これまで目にしてきた花粉メガネとは違うオシャレなデザインです。デザイン性だけでなく、紫外線は99%、花粉は98%ガードしてくれるという機能性も抜群なサングラスとのこと。今年こそ美白道を歩もうと思っているので、これさえあれば日焼け防止にもなる。しかも3,000円ちょっとだなんて、気軽に買えちゃうじゃないですか。普段用にファッションタイプと、趣味のランニング用にスポーツタイプを選び、レジへとダッシュしたのでした。

 さっそく、編集部に戻って着用してみることに。

 軽くて顔にフィットするのがいい。よく普通のサングラスは落ちてくるものだから。

 ファッションタイプのほうはいろいろなスタイルに合いそうです。

 調子に乗って、花粉がワサワサと舞い散る危険な外界へと飛び出してみました。

 趣味のランニングもスポーツタイプをかければ、一気に足が速くなったような気がします。

 今年の花粉シーズンは、お花見もショッピングも存分に楽しめそうな予感です。そして“出会い”も期待できるんじゃないかと!

「オシャレなサングラスしてるねー」とかなんとか言われてそこから恋が始まるのでは、うひひ。などと不埒な妄想を繰り広げながらスポーツタイプの花粉メガネをしっかとかけて、女ひとりランニングに励むのでありました。あー、いい汗かいた。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top