富士フイルム、犬・猫を最大10匹まで顔検出可能なスリムデジカメ | RBB TODAY

富士フイルム、犬・猫を最大10匹まで顔検出可能なスリムデジカメ

IT・デジタル デジカメ

「FinePix Z700EXR」
  • 「FinePix Z700EXR」
  • 「2画面サクサク再生」
  • 「タテヨコオート」
  • 「ペット自動検出」
  • 「FinePix Z70」
 富士フイルムは、コンパクトデジタルカメラの新製品として「FinePix Z700EXR」を発表。20日から発売する。予想実売価格は33,000円前後。

 同製品は、3.5型タッチパネル液晶を搭載し、薄さ20.3mmのスリムタイプ。本体を縦向きにした場合、上下2つの画面に分けて画像を表示し、独立して操作が可能な「2画面サクサク再生」といったユニークな機能を搭載した。また、縦向き・横向きを自動で判別し、液晶画面の表示を回転させる「タテヨコオート」も搭載する。

 加えて大きな特長が、最大10匹まで犬または猫の顔を検出可能な「ペット自動検出」機能。本体が360度どのような向きに傾いていても、犬や猫が正面を向いていれば検出可能だとうたう。正面を向いた瞬間にピントを合わせて自動でシャッターを切る「ペットオートシャッター」なども備える。

 撮像素子は人の目のメカニズムに近づけたという1/2 型 スーパーCCD ハニカムEXRを搭載。有効画素数は1,200万画素で、焦点距離は35mm判換算で35〜175mm相当、F値はF3.9〜F4.7。光学ズームは5倍、デジタルズームは最大約4.4倍。内蔵メモリは30MBで、外部メディアはSD/SDHCカードに対応する。

 動画は最大でハイビジョン撮影(1,280×720ピクセル)に対応し、保存形式はAVI。静止画保存形式はJPEG。インターフェースはUSB2.0。本体サイズは幅98.1×高さ59×奥行き20.3mm、重さは約158g(バッテリ、カード含む)。カラーはレッド/ピンク/シルバー/ブラックの4色。

 そのほか、光学5倍ズームで薄さ20.1mmのスリムコンパクトモデル「FinePix Z70」も発表した。発売は20日で、予想実売価格は25,000円前後。動画撮影の切り替え、撮影映像のwebへのアップロード操作を容易にする「動画撮影ボタン」、「アップロードボタン」を搭載し、YouTubeといった動画共有サイトなどへの公開が手軽に行なえるのが特長だ。動画は最大ハイビジョン撮影に対応する(AVI形式)。カラーはピンク/シルバー/ブロンズ/ブルーの4色。

 撮像素子は人の目のメカニズムに近づけたという1/2.3型正方画素CCDを搭載。有効画素数は1,220万画素で、焦点距離は35mm判換算で36〜180mm相当、F値はF4〜F4.8。デジタルズームは最大約4.4倍。内蔵メモリは13MBで、外部メディアはSD/SDHCカードに対応する。インターフェースはUSB2.0/AV。本体サイズは幅91×高さ57.1×奥行き20.1mm、重さは約145g(バッテリ、カード含む)。
《小口》

関連ニュース

特集

page top