ハローキティモデルの19V型「レグザ」、2月5日から先行販売 | RBB TODAY

ハローキティモデルの19V型「レグザ」、2月5日から先行販売

IT・デジタル テレビ

本体とリモコン
  • 本体とリモコン
  • ハローキティが登場する画面のイメージ
  • チャンネルや音量を表示する際に登場するハローキティ
  • 消音表示時に登場するハローキティ
 サンリオは29日、東芝製地上デジタルハイビジョン液晶テレビのハローキティモデルとして19V型ワイド液晶の「19A800KT」を発表。2月下旬からの販売に先がけ、サンリオ直営店等で2月5日から先行販売する。価格はオープンで、サンリオ直営店・コーナー販売価格は59,800円。

 同製品は、シングルの地上デジタルチューナーを内蔵した19V型ワイド液晶搭載ハイビジョン液晶テレビ。液晶画面の左下やリモコンにハローキティのデザインをあしらい、チャンネル切り替えや音量調節、消音設定などの操作時に、画面にハローキティが登場するハローキティモデルとなる。

 明るさセンサーや省エネモード、ON/OFFタイマー機能などを搭載。おもな仕様として、液晶解像度は1,366×768ピクセル、コントラスト比は1,000:1でダイナミックコントラスト比は10,000:1。スピーカーの最大出力は3W×2。インターフェースはHDMI×2/D4/S2/光音声出力/ヘッドホンなど。本体サイズは幅47.6×高さ36.2×奥行き20.8cm、重さは5.1kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top