「Google日本語入力」がアップデート 〜 郵便番号変換やテンキー入力に対応 | RBB TODAY

「Google日本語入力」がアップデート 〜 郵便番号変換やテンキー入力に対応

エンタープライズ その他

郵便番号を入力すると住所が変換候補に現れるようになった
  • 郵便番号を入力すると住所が変換候補に現れるようになった
  • Tabで選択しEnterで確定すれば、そのまま住所が入力される
  • 「ぐーぐる」と入力して変換してみる
  • さらに変換を進めると、候補に「Google」が現れた
  • 「りーど」は残念ながら「read」「lead」が候補に現れず
  • プロパティの「テンキーからの入力」で文字の扱いが指定可能に
 グーグルのGoogle日本語入力チームは29日、「Google日本語入力」の新バージョンをリリースしたことを公表した。

 今回のリリースでは、郵便番号から住所への変換(例:100-0000→東京都千代田区)、ひらがなからカタカナ英語への変換(例:あんどろいど→Android)などに対応した。またテンキー入力をサポートし、入力した数字の扱いを「変換モードに従う」「全角」「半角」「直接入力」から選択可能になった。そのほか、かな入力機能関係の修正、変換精度の向上、安定性の向上が図られたという。なお、ひらがなから英単語への変換に用いる辞書についても、基本辞書同様に、Web上の大量のデータをGoogleの大規模分散処理システム「MapReduce」を用いて処理し、自動生成したとのこと。

 最新版は同社のサイトよりダウンロード可能。すでにGoogle日本語入力を導入している場合は自動的に更新される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top