HP、機能は上位機種と同じでHDD数を抑えた低価格ハイエンドストレージ製品 | RBB TODAY

HP、機能は上位機種と同じでHDD数を抑えた低価格ハイエンドストレージ製品

エンタープライズ その他

HP StorageWorks XP20000ディスクアレイ
  • HP StorageWorks XP20000ディスクアレイ
  • HP StorageWorks XP20000のスペック表
 日本ヒューレット・パッカードは20日、ハイエンドストレージ製品「HP StorageWorks XP20000ディスクアレイ」を発売した。最小構成価格は4,532万8,500円。出荷は10月上旬から開始される。

 HP StorageWorks XP20000ディスクアレイは、ハイエンドストレージ製品のエントリーモデル「HP StorageWorks XP10000ディスクアレイ」の後継機種。フラッグシップモデル「HP StorageWorks XP24000ディスクアレイ」の仮想化機能、高信頼性、高可用性はそのままに最大搭載ディスクドライブ数を240基に抑えることで低価格化をはかった。

 物理ディスク容量を超える仮想的なストレージ容量割り当てを実現する仮想ボリューム・プロビジョニング機能「XP Thin Provisioning」が実装されたほか、外部ストレージ仮想化機能「XP External Storage」によりミッドレンジのディスクアレイ「HP StorageWorks Enterprise Virtual Arrayファミリ」をHP StorageWorks XP20000ディスクアレイ上の仮想論理ディスクとして利用・管理できる。

 また、LTO-4ドライブ搭載テープライブラリ「HP StorageWorks MSL 2024/4048/8096」、「HP StorageWorks EML 71e」、「HP StorageWorks ESL 712e ライブラリ」、および仮想テープライブラリ「HP StorageWorks 6200/6600 Virtual Library System」、「HP StorageWorks 12000 Virtual Library System Gateway」も同時に販売が開始された。価格はそれぞれ136万5,000円から、1,029万円から、2,226万円から、399万円から、819万円から。出荷はいずれも10月中旬の予定だ。
《富永ジュン》

特集

page top