Apple、2010年度第1四半期の業績を発表 〜 過去最高の売上高と利益を更新 | RBB TODAY

Apple、2010年度第1四半期の業績を発表 〜 過去最高の売上高と利益を更新

エンタープライズ その他

 米Appleは現地時間25日、2010年度第1四半期の業績を発表した。

 2009年12月26日を末日とするもので、第1四半期の売上高は156億8,000万ドル、純利益は33億7,000万ドル。前年同期は、売上高が118億8,000万ドル、純利益が22億6,000万ドルだったため、売上総利益率は前年同期の37.9%から40.9%に上昇した。なお当四半期の米国市場以外の売上比率は58%だった。
 
 当四半期、Appleは3,660,000台のMacintoshコンピュータを出荷、前年同期に比べ、33%の増加となっている。iPodについては8%の販売台数減で、2,100万台となったが、iPhoneについては870万台と倍増した。

 スティーブ・ジョブズCEOは「当社の四半期売上高を年換算すると、Appleが今や500億ドル超の会社であることに驚きます。私たちが今年発表することを計画している新製品は非常に強力であり、今週にも私たちがとても興奮している大きな新製品を発表します」とのコメントを寄せている。また、CFO(最高財務責任者)のピーター・オッペンハイマー氏は「当四半期中に58億ドルのキャッシュを生み出すことができましたことをとても嬉しく思います。2010年第2四半期は、売上高が約110億ドルから114億ドル、希薄化後の1株当り利益として約2.06ドルから2.18ドルを見込んでいます」とのコメントを寄せている。

 なお当四半期中Appleは、特定の売上高の計上に関し、Financial Accounting Standards Boardの修正会計基準の遡及的採用を選択したとのこと。この新しい会計基準の採用により、特定の品目(iPhoneとApple TV)の売上の計上の仕方が大きく変わるとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top