なぜか高い!山形県のダウンロード率 〜 Firefox 3.6のダウンロード | RBB TODAY

なぜか高い!山形県のダウンロード率 〜 Firefox 3.6のダウンロード

ブロードバンド その他

(2-1)山形県のブロードバンド回線加入者数に対するFirefox 3.6のダウンロード割合(25日20時現在)
  • (2-1)山形県のブロードバンド回線加入者数に対するFirefox 3.6のダウンロード割合(25日20時現在)
  • (2-3)東京都のブロードバンド回線加入者数に対するFirefox 3.6のダウンロード割合(25日20時現在)
  • 「総計モード」
  • 「熱気モード」
  • 「灯モード」
 今月22日、Firefox 3.6が公開されたばかりだが、都道府県別ダウンロード数がリアルタイムで表示されるサイトが「Firefox 3.6の灯」だ。「Firefoxの灯」は、3.0公開時からスタートしている。同サイトで25日20時現在、ブロードバンド回線加入者数に対するダウンロードの割合では東京が1番だが、2番目は山形県となっていた。

「Firefox 3.6の灯」には3つの表示モードがある。サイトを開くと表示される青い日本地図では都道府県別のダウンロード数の累計を表示する「総計モード」、都道府県別のブロードバンド回線加入者数に対してFirefox 3.6をどれだけダウンロードしたかの割合を表示する「熱気モード」、いまダウンロードされている場所だけが光る「灯モード」だ。この表示モードを切り替えるには、ウィンドウの右下に表示されている「灯」ロゴマークをクリックすれば良い。この「熱気モード」の画面において、東京の0.8%についで最も多かった都道府県は、首都圏や大都市圏ではなく、なんと山形県の0.7%となっている(25日20時現在)。なお、ブロードバンド回線加入者数については、2009年3月19日に総務省が発表した「ブロードバンドサービスの契約数等(平成20年12月末)」を用いているとのこと。

 ちなみに、ほかの首都圏では、神奈川県が0.5%、千葉県が0.4%、埼玉県が0.3%と続き、大都市圏では、京都府が0.5%、大阪府・兵庫県・奈良県が0.4%、愛知県が0.3%となっており、山形県が突出して高い比率であることがわかる(いずれも同時刻にて確認)。「狐の恩返し」など山形県には狐にまつわる民話が多く、Firefoxも狐がイメージされたアイコンを採用していることから、山形県にはIEよりもFirefoxが好まれるのだろうか。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top