パナソニック初のSDXCカード、リーダー/ライター付属で実売49,000円前後〜 | RBB TODAY

パナソニック初のSDXCカード、リーダー/ライター付属で実売49,000円前後〜

IT・デジタル ノートPC

RP-SDW64GJ1K
  • RP-SDW64GJ1K
  • RP-SDW48GJ1K
  • BN-SDCLP3
  • BN-SDCLP3の利用イメージ
 パナソニックは20日、同社初となる次世代SDメモリーカード規格のSDXCメモリーカードとして、64GBの「RP-SDW64GJ1K」と48GBの「RP-SDW48GJ1K」、さらにSDXC対応のUSB接続カードリーダー/ライター「BN-SDCLP3」を発表。2月19日から販売する。価格はオープン。

 RP-SDW64GJ1K/RP-SDW48GJ1KはBN-SDCLP3を付属し、予想実売価格は、SDW64GJ1Kが64,000円前後、RP-SDW48GJ1Kが49,000円前後。BN-SDCLP3の単品販売の予想実売価格は5,000円前後。

 SDXCメモリーカードは、従来のSDメモリーカード規格で最大となるSDHCメモリーカードの32GBを超え、将来的には2TBまでの大容量化を可能とする次世代SDメモリーカード規格に準拠。今回は同社初のSDXCメモリーカードとして、64GBと48GBをラインアップした。

 データ転送速度はSDスピードクラスで高速の「CLASS10」に対応し、最大転送レートは22MB/秒。ハイビジョン映像のHAモードで、64GBモデルでは約8時間30分、48GBで約6時間20分の動画記録が可能。たとえば48GBモデルに記録したデータであれば、面倒な編集作業の必要がなく、50GBのBlu-rayディスクにそのまま書き込みできる。本体サイズは幅24×高さ2.1×奥行き32mm、重さは約2g。

 なお、SDXCメモリーカードをAVデジタル機器に接続して利用する場合は、接続しようとする機器がSDXC対応カードスロットを搭載しているか、SDXC対応USB接続カードリーダー/ライターを利用する必要がある。今回発表の両SDXCメモリーカードには、同時に発表されたSDXC対応USB接続カードリーダー/ライターのBN-SDCLP3を付属する。

 BN-SDCLP3は、SDHC/SDXC/microSD/microSDHCのほか、SDXCメモリーカードに対応するUSB2.0接続カードリーダー/ライター。高速バスインタフェース新規格のUHS-Iに対応しており、従来よりも高速な転送速度を可能としている。著作権保護機能「CPRM」にも対応し、著作権保護された動画データなどのデジタルコンテンツの読み出し/書き込みが行なえる。

 インターフェースはUSB2.0/1.1。対応OSはWindows 7/Vista/XP。本体サイズは幅42×高さ74×奥行き12.5mm、重さは約24g(本体のみ)。延長ケーブル長は約14cm。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top