国内IT市場は2009年が底、今年から上昇回復へ 〜 IDC予測 | RBB TODAY

国内IT市場は2009年が底、今年から上昇回復へ 〜 IDC予測

エンタープライズ その他

企業規模別IT投資成長率の推移 2008年〜2011年(IDC Japan, 01/2010)
  • 企業規模別IT投資成長率の推移 2008年〜2011年(IDC Japan, 01/2010)
 IDC Japanは14日、国内IT市場産業分野別および企業規模別の2009年上半期実績の分析、および2009年〜2013年の市場規模予測を発表した。

 IDCが発行したレポート「国内IT市場 産業分野別 企業規模別2009年上半期の実績と2009年〜2013年の予測」(169ページ/2,835,000円)にてその詳細が報告されている。同レポートは、国内の産業分野を18業種、企業規模を4階層に分類し、各産業分野の製品分野別IT投資規模を調査・予測したものとなっている。

 同レポートによると、企業規模別に見ると、2009年のIT投資額成長率は、SMB市場(中堅中小企業/999人以下)でマイナス10.3%と、景気低迷の影響を受けて、前回調査(2009年8月)と比較してさらに下がったとのこと。大企業(1,000人以上)の2009年成長率はマイナス7.0%と予測されたが、2010年は、景気回復に従ってこれまで延期されていたシステム刷新、新規開発が再開されることでプラス成長に回復すると見込みだ。一方、中堅中小企業のIT投資は、2008年から3年連続でマイナス成長となると予測しており、プラス成長への回復は2011年以降になるとのこと。

 企業の各規模で見ると、2009年の小規模企業(1〜99人)のIT投資額は1兆1,578億円(前年比成長率:マイナス10.8%)、中小企業(100〜499人)のIT投資額は1兆5,128億円(同:マイナス10.0%)、中堅企業(500〜999人)のIT投資額は8,174億円(同:マイナス10.2%)、大企業(1,000人以上)のIT投資額は6兆2,175億円(同:マイナス7.0%)と予測されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top